大掃除!ベランダをキレイに掃除する方法教えて!

ライフスタイル

普段はあまり本格的な掃除をしていないことも多いベランダですが、時間がある今だからこそ、大掃除をしてみませんか。今回はベランダを効率よく掃除するための方法をご紹介します。



大掃除!ベランダをキレイに掃除する方法教えて!



大きなごみを片付けて、水と一緒によごれを流す

ベランダの大掃除では大きなゴミを拾うか掃くかして取り除くことから始めましょう。そして、デッキブラシと水を使ってゴシゴシと擦り、排水口に汚れと水を流し込んでいくのが効率的な方法です。大きめのゴミを取り除いておかないと詰まりの原因になってしまうので注意しましょう。最後に水を多めに流してしまえば終わりです。

この方法のメリット

①細かなホコリまできれいに落とせる

大きなゴミを取り除いた後で水を撒く方法は細かなホコリまできれいに落とせるのが魅力です。ほうきで掃くだけでもホコリはある程度は取り除くことできるのは確かですが、全部きれいにできるわけではありません。大きなゴミは手で拾うかほうきで掃いて、ホコリや小石などの小さなものは排水口に流してしまうのが効率的です。水で流せるような小さいもので、排水口に詰まる危険がないものは流すというやり方をすると手間を最小限に抑えてきれいにすることができます。

②張り付いてしまっているゴミも擦り落とせる

ベランダには鳥のフンや昆虫の死骸などが入ってくることも多く、そのまま放置していると張り付いてしまってなかなか落ちなくなることも稀ではありません。大掃除のときだからきれいにしたいと思うことが多いでしょう。その際にもトイレ掃除でよく使われているデッキブラシで擦れば簡単に落とせます。ベランダ用に一本用意すれば毎年使うことができるので購入するのがおすすめです。

③後始末がとても簡単

水で洗い流してしまう方法はベランダ掃除の後始末の手間を減らせるというメリットもあります。全てちりとりでゴミを集めていると小石などがたくさん出てきてしまい、捨てるゴミも重くて大変になってしまいがちです。水で流してしまえば小さなゴミの処理は必要なくなり、大きなものだけ捨てれば良いのが魅力です。ここで役立つアイテムが、キッチンのシンクなどで使う三角形コーナーのネットです。これを排水口に付けておくと詰まる心配もなく、排水口にゴミが溜まることもないのでぜひ参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました