意外と知らない!メガネの正しい拭き方を教えて!

ライフスタイル

メガネをティッシュやハンカチで拭いてしまっていませんか?実は、この拭き方だとメガネのレンズに細かい傷がたくさんついてしまうんです。メガネにも正しい拭き方があり、それを知っておくことでメガネのレンズの保護に繋がります。ここでは正しいメガネレンズの拭き方についてご紹介します。



意外と知らない!メガネの正しい拭き方を教えて!



専用のメガネ拭きを使おう!


メガネの正しい拭き方というのは、専用のメガネ拭きで正しい方法で拭くこと。メガネ屋さんでメガネを購入した時に、メガネケースと一緒にセットになって付いてくる小さい布がありますが、それが専用のメガネ拭きです。専用のメガネ拭きは、ハンカチやティッシュに比べると布の手触りが柔らかであり、特殊な加工がされています。他の布やテッシュより、綺麗かつ傷をつけず拭くことができます。

正しいメガネレンズの掃除方法&拭き方

①メガネは必ず水洗いをすること


メガネを洗う時には、水洗いをすることが大切です。実は息を吹きかけてメガネを拭くことは、やってしまいがちなNG行為の一つです。メガネには汚れや埃が付いているので、息を吹きかけただけでは落ちません。そればかりか、埃や汚れがついたままでメガネのレンズを拭いてしまうと、埃や汚れによって傷をつけてしまう可能性があるのです。そのため、まずは水で埃や汚れを洗い流した上で、柔らかい専用のメガネ拭きで拭くように心がけましょう。

②親指と人差指で固定し、もう片方の手で拭くことで形崩れを防ぐ


メガネを拭く時に、持ち方を工夫することで、フレームの形崩れを防ぐことができます。まず、親指と人差指で片方のレンズの上下を固定します。もう片方の手を使ってレンズを拭きます。こうすることで縦横にメガネ拭きを動かしても摩擦に強くなるので、フレームが歪んだり形が崩れることはなく、固定をしながらレンズを拭くことができるのです。メガネは意外とデリケートに作られているので、指で固定をしながら拭いてあげることでフレームの形崩れを予防できます。

どうして専用のメガネ拭きを使うの?

ティッシュやハンカチで拭くとレンズに小さな傷が付いてしまう


やってしまいがちなのは、身近にあるティッシュやハンカチ、それに洋服などでメガネをゴシゴシと拭いてしまう行為です。最近のメガネレンズはプラスチック製ということもあり、とても傷が付きやすいという特性があります。ティッシュなどで拭いてしまうとあっという間にレンズに細かい傷が付いてしまうので、必ず付属のメガネ拭きを使うようにしましょう。

ライフスタイル
この記事をシェアする
よく読まれている記事
Fiache.
タイトルとURLをコピーしました