メガネのノーズパットにつく青緑の錆を予防する方法を教えて!

ライフスタイル

1日中メガネをかけていると、ノーズパットに汚れが付いていることがありますよね。おしゃれなメガネでも、汚れていては台無しです。ここでは、ノーズパット汚れにオススメな対策をご紹介します。



メガネのノーズパットにつく青緑の錆を予防する方法を教えて!



中性洗剤を使って汚れを落とそう!


メガネのノーズパッドに青緑色の錆が付着していることはありませんか?この錆は汗によって銅が酸化したものです。衛生的にも見た目的にも気になるこの錆は、中性洗剤で洗うことで予防することができます。メガネ拭きなどで汚れを落とそうとする人も多いですが、いきなりノーズパッドを乾拭きすると傷をつけてしまう可能性があります。したがって、中性洗剤で優しく洗うことをおすすめします。

ノーズパッドを洗う時のポイント♪

①中性洗剤で汚れをおとす


ノーズパッドのにたまる汚れを落とす際は、中性洗剤を使うことが大切です。同じ洗剤でも、酸性やアルカリ性の洗剤は洗浄力が強く、メガネのレンズのコーティングが剥がれたり、フレームが変色したりする可能性があります。洗浄方法は、まず洗面器に水を張った後、中性洗剤を数滴垂らして泡立てていきます。その後、メガネを浸して、小さめの歯ブラシや綿棒でノーズパッドの細かいチリや汗などの汚れを取っていきましょう。

②洗剤を落とすときは、必ず水か40度以下のぬるま湯を使おう


中性洗剤で洗浄した後は、水で汚れと洗剤を洗い流すことになります。その際、最も気を付けなければいけない点は水の温度です。メガネを洗う際は、必ず40度以下の水かぬるま湯を使うようにしましょう。ノーズパッドの汚れをきれいに取り除くために、ついついお湯を使いがちになってしまうものです。しかし、温度の高いお湯を使うと、熱でレンズのコーティングが剥がれやすくなります。また、プラスチック素材のフレームだと変色や変形の恐れがあります。したがって、必ず常温の水かぬるま湯を使用するようにしましょう。

③水分をふき取るときは優しく


水ですすぎ終わったら、必ずメガネ拭きやティッシュペーパーなどで水分拭き取ります。この時、水分をきちんと取るためにゴシゴシと強い力で拭いてしまうと傷が付く恐れがあるので、優しくふき取るのがポイントですよ。

タイトルとURLをコピーしました