メガネにつく指紋がいや!予防策とサクッと汚れを落とす方法を教えて!

ライフスタイル

メガネを使用していると、気づかぬうちに指紋が付着してしまうことってよくありますよね。そこで、ここではメガネに指紋がつかないように予防するアイテム、汚れを落とす方法を紹介します。



メガネにつく指紋がいや!予防策とサクッと汚れを落とす方法を教えて!



防汚コーティング剤をレンズに吹きかけよう


メガネに指紋がつくのを予防するには、ホームセンターで販売されている防汚コーティング剤を使うと良いです。防汚コーティング剤を吹きかけることで、レンズの表面に薄い膜を作ることができます。その結果、指紋や汚れが付きにくくなるというわけです。さらに、ついてしまった汚れを効率よく落とすためには、メガネ専用の洗剤やご家庭の中性洗剤などで洗うと綺麗に落とすことができますよ。

汚れを落とすときのポイント!

①汚れを落とす際は中性洗剤を使うことが大事


メガネについた指紋などの汚れを除去するには、中性洗剤かメガネ専用の洗剤を使うことが大事です。そもそも中性洗剤とは、セーターやニットなどの型崩れさせたくないデリケートな衣類を洗う時に使うものです。中性洗剤には界面活性剤が多く含まれていて、水と油を乳化させる作用があります。メガネに付着する皮脂は油汚れなので、中性洗剤で洗うことで乳化させてきれいに落とすことができるというわけです。その逆に、酸性やアルカリ性の洗剤を使って洗うのはNG。その理由は、酸性やアルカリ性の洗剤は洗浄力が強力である上に、細かいキズに入り込んでレンズのコーティングを剥がす恐れがあるからです。これはメガネが使えなくなる原因になるので、洗う時は中性洗剤か専用のクリーナーを使いましょう。

②水で洗うこともポイント


メガネの汚れを落とす際は、必ず水を使うことが大事です。お湯の方が汚れが落ちやすいと考える人も多いかもしれません。しかし、メガネは高温に弱く、お湯を使うとレンズが膨脹したり、フレームが曲がってしまったりする恐れがあります。したがって、中性洗剤で洗浄後は、必ず水を使って洗剤を取り除くようにしてください。

③洗浄後はよく水分を拭く


水でレンズやフレームについた泡を落とした後は、必ずティッシュやタオルなどでメガネについた水滴をきちんと落としましょう。きちんと水気を拭き取っておかないと、金属のパーツにサビができてしまいます。細かい部分の水分も面倒くさがらずに拭き取りましょう。

ライフスタイル
この記事をシェアする
よく読まれている記事
Fiache.
タイトルとURLをコピーしました