メガネのノーズパットについてしまうファンデーション・皮脂汚れ対策を教えて!

ライフスタイル

メガネのノーズパットって、いつの間にか茶色く汚れてしまっていませんか?今日はノーズパットについたファンデーション・皮脂汚れをきれいに落とす対策法をお伝えしていきます。



メガネのノーズパットについてしまうファンデーション・皮脂汚れ対策を教えて!



定期的に眼鏡を丸洗いしましょう!


実はメガネは、丸ごと洗うことができるんです。容器に水を入れて中性洗剤を数滴たらします。手でかき混ぜて軽く泡立てたら、容器の中にメガネを入れてください。汚れが気になる部分については、指の腹を使ってやさしく洗います。ノーズパットは小さいので、歯ブラシや綿棒などを使ってこすり洗いをしましょう。傷がつかないようにやさしく洗ってくださいね。
ノーズパッドは、メガネを顔にフィットさせるためのパーツです。シリコンタイプとハードタイプに大別されますが、よりフィットしやすいシリコンタイプは顔に密着している分、ファンデーションや皮脂汚れがつきやすくなります。そのまま放置しておくと、汚れが固まって落としにくくなってしまうので、定期的にメガネごと丸洗いするのがおすすめです。ただし、べっ甲や皮、木などの素材を使ったフレームは水に弱く、丸洗いには不向きなので注意してください。そのような素材の場合は、中性洗剤を浸した綿棒でノーズパッドだけを洗うようにしましょう。

メガネを丸洗いするメリット♪

①丸洗いすればレンズも一緒にきれいになる


中性洗剤入りの水で丸洗いする方法なら、ノーズパッドだけでなく、レンズやフレームも一緒に掃除することができます。レンズの汚れが気になったときは、メガネ拭きを使って磨くのが一般的ですよね。メガネを丸ごと洗っている人は、少数派なのではないでしょうか。そもそも、丸洗いできることを知らない人も珍しくありません。蓄積した汚れはメガネの劣化にも繋がりますので、定期的に丸洗いしてきれいな状態を保ちましょう。

②ノーズパッドだけ交換することも可能


中性洗剤で洗っても汚れが落ちなくなった場合は、ノーズパッドだけ交換するという方法もあります。メガネ屋によって料金は様々ですが、数百円~千円前後で交換できるようです。特にファンデーションの汚れが付着してしまうと、ノーズパッドが茶色く変色して見た目にもよくありません。不潔な女子認定されてしまう前に、新しいノーズパッドに交換してしまいましょう。

タイトルとURLをコピーしました