スカートをキレイに収納するにはどうしたらいいの!?気になる皆の収納術

ライフスタイル

スカート収納ってみんなどうしてる?

オンにもオフにも使えるスカートは枚数が増えていきがちですよね。素材によってはすぐにシワになってしまう事もあれば、プリーツなどヒダのデザインを壊したくない物も。

デイリー使いする機会が多いので、やたらと奥にしまっておくと着たいときに取りにくいというストレスだって出てきてしまいます。
どうやったらスカートをキレイに収納することができるのでしょうか?

【基本編】スカート収納のワザを覚える

ハンガーを「揃える」


「クローゼットの中身なんて誰に見せる訳でもないんだから」と、ついおろそかになってしまいがちなのが、ハンガーを同じものに揃えることです。スカート専用のハンガーを購入したはいいけれども、ジャケット類のハンガーとは違う種類となると一気にバラつき感が出てきます。

お洋服自体もカラーなどバリエーションがあるのに、これでハンガーもバラバラだとどんなに整頓されていようと乱雑とした印象を与えてしまいます。

カラーを同系色にまとめる


特に多めにスカートを所持されている方は、カラーを同系色にまとめることで、印象がずいぶんと変わってきますよ。クレヨンの配列のように、右から黒系グレー系、ベージュ、赤、青、緑、黄色、白。この並びにすると美しいグラデーションが完成します。

また、一目で「何色が多いな」ということも分かりますので、「似たようなカラーをまた買ってしまった」という失敗が少なくなりますよ。

シワをつけたくないのなら吊るすのがベスト


どんなにキレイにたたんだとしても、今度気になってくるのが「折りシワ」ですよね。特にシンプルなフォルムのスカートですとシワがあると目立って仕方がない!という状態に。

やはりマストなのは「吊り下げて」収納することです。しかし、単にスカートを吊るすだけではもったいない!せっかくなら「見せる収納」としても活用できるような美しい収納法にすると、キレイをキープするモチベーションも上がってきますよ。

【応用編】「見せる収納」は何もキッチンだけじゃない

キッチン周辺や水回りは、オープンシェルフや壁面収納を利用した「見せる収納」を実践されている方も多いですよね。スカートだって見せる収納法があるんです!

ポイントは、インテリアに合った素材のハンガーラックを使用することと、ショップ風ディスプレイを意識すること。この2ポイントでお部屋のインテリアのアクセントにだってなりますよ。

DIYで収納棚

DIY好きならばぜひおすすめしたいのが、ディアウォールを使った収納棚。普段はスカートをそのままかけておいてもいいですし、雨の日には室内干しにも活用できますよ。

賃貸さんも安心のディアウォール


賃貸さんでも安心のディアウォールなら、壁を傷つけることなく収納場所が増やせるので人気ですよね。可動式の棚受けを設置すれば、好みの高さで調整できますので、サイズ感もピッタリと合わせることができます。

デイリー使いのものは手に届きやすい高さで。合わせて小物類なども一緒に配置しておくと、毎日の身支度も簡単になりますね。

ミニマリスト必見!まるでアートな流木を利用

流木にライトを下げて照明にしているインテリアはよく見かけますね。実はその使い方!収納にも使えるんです。このような流木を天井から吊るすだけで、まるでアートのような収納スペースに。ミニマリストさんならこの大きさでも充分事足ります。サイドにはアクセサリーなど装飾すると格上感アップです。

ナチュラルでも、西海岸風でも、男前でも基本的になんでも似合わせてしまうのが流木の魅力ですので、インテリア問わず使えるのが嬉しいですよね。

おわりに


いかがでしたでしょうか。ちゃんと収納できるクセがつくと問題ないのですが、どうしても時間に追われたりと忙しい日々ですと「ちゃんと収納しなくちゃ」とそれ自体がストレスになることも。普段のライフスタイルに合わせた収納法を活用すると、無理なく続けることができますよ。

できそうなことから始められてみるといいかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました