冬の乾燥対策に!おすすめの入浴剤を教えて!

ライフスタイル

冬になると肌の乾燥が悩みという人も多いと思います。乾燥すると肌がかゆくなり、仕事にも集中しづらくなりますよね。冬を快適に過ごすために、入浴剤でできる乾燥肌対策を紹介します。



冬の乾燥対策に!おすすめの入浴剤を教えて!



セラミドやスクワラン、ホホバオイルなどの保湿成分が入った入浴剤がおすすめ!

乾燥肌対策には保湿成分配合の入浴剤を選びましょう。入浴剤には体をポカポカ温めてくれたり、リラックスさせてくれたりと様々なタイプのものがありますが、成分によって効果が違うのでセラミドやスクワラン、ホホバオイルなどの保湿成分が入った入浴剤を選びましょう。また、バスミルクやバスオイルなどはオイルや精油が含まれているので保湿が期待できます。

保湿成分が入った入浴剤を使うメリット♪

① 角質内部までしっとり

お風呂に入っている最中に、肌に何が起きているか知っていますか。湯船に浸かっている間は角質が水分を吸収して肌が柔らかくなり、浸透しやすくなります。肌がこの状態の時に入浴剤を入れることで、保湿成分が肌表面だけではなく角質の内部まで浸透することができ、肌を中からしっとりとさせてくれます。保湿成分の中でもセラミドは、角質層の細胞と細胞の間を埋めて水分を保持してくれる機能があるので、セラミド入り入浴剤を使うとうるおいのある肌を目指せます。また高い保湿力があるホホバオイルは、肌馴染みが良く浸透しやすいので、しっかりと肌の奥から保湿してくれます。

② お風呂上がりの乾燥を防ぐ

お風呂上がりに保湿ケアをせずに、そのままテレビを見ている人はいませんか。お風呂上がりに何もせず肌を放っておくと、水分がどんどん蒸発していき乾燥してしまいますが、保湿成分配合の入浴剤を入れて湯船に浸かることで、お風呂上がりに乾燥しづらくしてくれるんです。肌表面は汗と脂が混ざってできた皮脂膜で覆われています。この皮脂膜は乾燥や刺激から肌を守り大事な役割を果たしてくれています。保湿成分のスクワランはこの皮脂膜をサポートし、しっとり感を高めてくれます。

お風呂上がりにはボディクリームを塗り合わせて使うことで、よりしっとり肌になれます。保湿成分配合の入浴剤を使うことは、何と言っても簡単に全身のケアができるのがいいですよね。手が届きづらいところも湯船に浸かるだけで乾燥対策ができるので、忙しい人も仕事に疲れた人も冬を快適に過ごすために試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました