秋のパンツドレスに合う羽織りモノを教えて!

ファッション

そのままでもおしゃれに見えるパンツドレス。秋になって涼しくなってきたら、羽織もプラスしてイメチェンしましょう。今回は、秋のパンツドレスコーデにピッタリの羽織をご紹介します。



秋のパンツドレスに合う羽織りモノを教えて!



ライダースジャケットがおすすめ!

秋のパンツドレスにピッタリの羽織りモノは「ライダースジャケット」です。エレガントな印象のパンツドレスは、ライダースジャケットと組み合わせるとクールな女性が演出できます。ライダースジャケットは、定番のブラックだけでなく、べージュやパステルカラーとカラーバリエーションも豊富。素材にもこだわれば、パンツドレスをカッコ良く着こなせますよ。

テーマ別おすすめライダースジャケット

甘辛スタイルを目指すならレザー素材

定番のレザー素材のライダースジャケットは、パンツドレスのデザインを選びません。トップスにレースを使っていたり、透け感があるものなら、パンツドレスの甘さを抑えることもできます。ライダースジャケットのカラーといえばブラックが定番です。ブラックはどんな色にも合わせられますが、重く見えてしまうのが難点。赤やブルーといってビビッドな色合いの時には、ベージュや淡いグレーのレザージャケットを合わせると柔らかい印象になります。ネイビーやモノトーン系のパンツドレスなら、ミントや水色といった寒色系の色合いのものを合わせてもよいでしょう。

大人可愛いパンツドレスコーデを目指すならスエード素材

ライダースジャケットを着てみたいけど、ハードになるのは避けたいという人におすすめなのが、スエード素材です。ボトムの丈が短めのものやガウチョパンツ風のパンツドレスとも相性がよく、大人可愛い着こなしができます。スエード素材のライダースジャケットは、ベージュやピンクといった淡い色味のカラーが多いので、ガーリーなスタイルが好きな人でも着やすくなっています。スエード素材のライダースジャケットは、ブラックよりも、ネイビーやグレーといったカラーのパンツドレスを女性らしく着こなしたい時におすすめです。

着やせ効果を狙うならノーカラータイプ

ライダースジャケットというと「ダブル」の印象が強いでしょう。ワイドパンツやガウチョパンツといった裾が広がったタイプのパンツドレスと合わせると着膨れして見えることも。着やせ効果を狙うなら、ノーカラータイプのライダースジャケットがおすすめです。ノーカラーだと上半身がコンパクトに見せられるのでバランスがよい着こなしができます。ブラックは引き締め効果があるので、淡い色のパンツドレスに合います。濃い目のカラーのパンツドレスには、ライトグレーや淡い色のライダースジャケットを組み合わせると目線が上の方に行くので、着やせ効果が狙えます。

ファッション
この記事をシェアする
よく読まれている記事
Fiache.
タイトルとURLをコピーしました