秋の結婚式にお呼ばれしたとき、何を羽織っていけばいいの?

ファッション

秋は結婚式シーズン。披露宴にお呼ばれの方もいるのではないでしょうか。ノースリーブワンピースを着たいけど、羽織りは必要…。どんな羽織を着ればよいのかお悩みの方にオススメアイテムをご紹介します。



秋の結婚式にお呼ばれしたとき、何を羽織っていけばいいの?



ジャケット風ボレロ

結婚式や披露宴に呼ばれたときに昔から羽織る方が多いのアイテムはボレロ。丈がショート丈のものが多く、レースで透け感があったり、袖が短く二の腕が出てしまう長さだったりします。こういった昔のタイプのボレロではなく、今、オシャレに見えるトレンドをおさえたボレロはジャケット風の少ししっかりとしたボレロです。秋、結婚式などに着ていくのにオススメですよ。

ジャケット風ボレロのメリット

体型をほどよくカバーしてくれる

昔タイプのボレロだと、丈が短めなので、あまり体型カバーの役目は果たしてくれないのですが、少ししっかりとしたジャケット風のボレロだとある程度丈もあり、また袖も肘の少し上くらいまであるものが多いので、二の腕も出ることがありません。ボレロは前のボタンは基本的にないので、窮屈にもならずに美味しいお料理も思う存分いただくことができます。

ワンピースを着てもきっちりとした印象になる

ジャケット風のボレロはどなたでも羽織るときっちりとした印象になります。ワンピースだけだと、少しくだけた印象になってしまっても、ジャケット風ボレロを羽織れば、きちんとした感じが出るので、結婚式や披露宴ではジャケット風ボレロを着用して、二次会などでは脱いでワンピースだけになるなど、使い分けるとよいでしょう。披露宴には職場の人や親せきなども多くいらっしゃいますから、きちんとした印象になるジャケット風ボレロは向いていると言えます。

手持ちのワンピースを上手く見せることができる

結婚式は、お気に入りのワンピースやいつもより華やかなワンピースを着て出かけることも多いですよね。そんな時だからこそ、ジャケット風ボレロは、ジャケットのようだけれどもボタン付きのジャケットと違い、あなたのワンピースを主役にして上手く見せてあげることができますよ。

タイトルとURLをコピーしました