【ロングヘア】ベレー帽のおしゃれなかぶり方と、ヘアアレンジ方法!

ファッション

冬が近づくとファッションに加えたいのが帽子。暖かいのはもちろん、オシャレも楽しめますよね。帽子をかぶる時に迷うのが髪型ですが、ロングヘアの場合、ベレー帽とどう組み合わせれば良いでしょうか。



ロングヘアの人におすすめのベレー帽のかぶり方を教えて!



まとめ髪でスッキリ合わせよう

ロングヘアはまとめ髪にしてすっきりとベレー帽と合わせましょう。長い髪はそのままでも素敵ですが、結べるだけの長さがあるという事は、ヘアアレンジも楽しめるという事です。また、冬の間は夏と比べるとどうしても洋服の枚数が増えてしまいます。重苦しい雰囲気にならないためにも髪の毛をまとめてみましょう。後ろでまとめる場合も、左右どちらかでまとめる場合も、低めの位置で結ぶと大人っぽさがでます。

まとめ髪でワンランク上を目指して♪

① 小顔効果が期待できる

ベレー帽にはその形から小顔に見せてくれる効果があります。せっかくの効果なのに、髪の毛で顔が隠れてしまったらもったいないですよね。髪の毛を結んでしっかり顔を見せる事でその効果を最大限に引き出しましょう。ただ頭にポンとのせるのではなく、ベレー帽が後頭部を覆う部分が多めになるようにかぶると効果的です。

② 髪の毛が邪魔にならない

ロングヘアの人の中には、結ばずに下ろしている時にその長さが気になる人もいるのではないでしょうか。風が強い日など、まとわりついてきて大変ですよね。さらに冬になると、外に出る時には寒いのでコートを着て、マフラーやストールを巻いているうちに衣類と触れた髪の毛が静電気でフワフワとし始めたりします。見た目もなんだかずっしりとした雰囲気になってきてしまうので、すっきりまとめてしまいましょう。

③ ヘアアレンジが苦手でも大丈夫

自分でヘアアレンジをする事が苦手だとしても、凝ったものにする必要はありません。むしろ、ベレー帽をかぶる場合はシンプルに仕上げる方がオシャレに見えます。ベレー帽をかぶっている部分は隠れてしまいますし、その部分からヘアアレンジも崩れてきてしまいます。派手に仕上げたヘアアレンジではせっかくのベレー帽もかすんで見えてしまうので、シンプルでおしゃれ、を意識しましょう。低めの位置でラフにまとめればそれだけで大人っぽさがでますし、お気に入りのピンやリボン等があればワンポイントで加えるのもいいですね。

タイトルとURLをコピーしました