毎日のさりげない行動で小顔になる方法ってないの?

ビューティー

フェイスラインが引き締まっていると、それだけで小顔に見えますよね。誰でも簡単にできるフェイスラインの引き締め対策についてご紹介します。さっそく今日から実践してみましょう。



毎日のさりげない行動で小顔になる方法ってないの?



食べるときにしっかり噛む


食事は毎日行う行為ですよね。だからこそ、どのような物をどんなふうに食べるかは、非常に重要です。硬い物もしっかり咀嚼して食べるように意識することはフェイスラインの引き締めにつながります。柔らかい物ばかりを食べている人や、よく噛まずに飲み込んでしまう食べ方をしている人は要注意。何でもしっかり噛むことで、フェイスラインの筋肉が鍛えられ小顔に繋がるのです!

しっかり噛むとたくさんのいいことが!

顎や頬のたるみをリフトアップ

噛むという行為により、咬筋が自然と鍛えられます。そうすると、口周りの骨格筋も衰えにくくなり、顎や頬のたるみまで防止できるのです。フェイスラインがぽっちゃりしている人、顔回りの肉がついてるなと感じる人は、実は口周りの筋肉が衰えてたるんでいることが多いです。しっかり噛めば、小顔になれるだけではく、たるみのリフトアップまで期待できちゃいます。

よく噛むことでダイエット効果

食事をした際の満腹感は、実はお腹で感じているのではなく、脳の満腹中枢が感じています。そしてその満腹中枢に信号が届くまでに約20分ほどかかると言われています。そこで時間をかけてよく噛んで食べることで、満腹中枢に信号が届く間に食べ過ぎてしまう心配がなくなります。そしていつもより少ない量でも満腹感を得ることができるのでダイエット効果にもつながります。また咀嚼により食べ物が細かくなっているので胃への負担も少なく、消化しやすくなります。少なくとも30回は噛むように心がければ、自然と痩せやすい体質になります。

唾液分泌が活発になりアンチエイジング効果も

咀嚼回数が増えると、その分唾液もしっかりと分泌されます。その結果、唾液に含まれるホルモン分泌量も増加して、若返り効果が期待できます!フェイスラインがたるんでぽっちゃりして見えるのは、老化も原因のひとつと言えます。毎日の食事で咀嚼を意識すれば、老化によるたるみが目立たない、すっきりフェイスラインを目指すことができるのです。

タイトルとURLをコピーしました