うなじの毛どう処理してる?ムダ毛をなくして綺麗なうなじになりたい!!

ビューティー

女性の髪の毛をアップにした時のうなじの美しさというのは目をひくものです。しかし、気になるのが首の後ろに生えている産毛です。この産毛はどう処理したら良いのでしょうか?



うなじの毛の処理方法を教えて!



理容室でシェーディングをしてもらう


首の後ろに生えている産毛の処理方法で一番のおすすめは、理容室でシェービングしてもらうことです。美容室でも産毛の処理はしてくれますが、ハサミやバリカンを使うため、あまり綺麗ではありません。しかし理容室にはシェービング専門の理容師がいますので、お願いすればカミソリで産毛を剃ってくれます。一回の施術で綺麗なうなじにしてくれるのです。しかも今は女性向けサービスを行っている所も増えていて、女性専用にシェービングを行ってくれるお店もあるんです。



理容室でのシェービングメリット

①産毛ケアと角質ケアが同時にできる

理容室でカミソリを使って首の後ろの産毛ケアをしてもらうと、毛の処理だけではなく、角質ケアもしてもらえます。くすみが取れますし、肌も明るく美肌になります。それから化粧水など美容液が浸透しやすくなり化粧ノリも良くなります。

②シェービング資格を持っている理容師が産毛ケアをしてくれる

シェービングができるのは、理容師資格と医師の資格を持った人だけです。理容室では、皮膚科学や消毒法を学び、カミソリを使いこなせる理容師が産毛ケアをしてくれます。カミソリは一枚刃が使われるのですが、これは使いこなすのに技術が必要です。一枚刃は多重刃に比べて肌への負担が少なく、肌荒れが最小限に抑えられます。これは施術を受ける側にとって大きなメリットです。

③お手軽な価格で産毛ケアができる

首の後ろの産毛の処理をする方法として、脱毛サロンへ行ったり、美容室へ行くという手もありますが、安く産毛ケアをしたい場合は理容室がおすすめです。3000円前後で施術してくれるところが多いですよ。

綺麗に産毛ケアができるのはやっぱり理容室!

美容室では産毛のケアというとバリカンかハサミを使うので、どうしても肌から黒い毛根が少し覗いてしまいます。脱毛サロンでは、襟足の産毛処理はしてもらえますが、髪の毛は施術できないことになっています。首の後ろの産毛というのは髪の毛なのか産毛なのか判断しづらい部分なので、脱毛サロンでは施術できない可能性があるのです。その点でも、しっかり産毛処理をしてくれて仕上がりも綺麗な理容室での産毛ケアがおすすめです!



タイトルとURLをコピーしました