【ひし形顔】頬骨をメイクで解決!シェーディング&ハイライトで小顔に♡

ビューティー

こめかみの幅が狭く、頬骨が横に張りがちなひし形顔さんは、がっしりとした印象になりがちです。
ひし形顔さんの場合、シェーディング・ハイライト・チークの3アイテムでコンプレックス解消に役立て行きましょう。



ひし形顔さんに似合う、バランスの取れたシェーディングの仕方って?



輪郭の凹凸をカモフラージュして!


頬のでっぱりと、それにより一層細く見えてしまう顎が気になるひし形顔さんは、輪郭の凹凸をできるだけ目立たなくさせるメイクが肝です。
引き算・足し算の要領で影・光を操作していきます。
引き算に使うシェーディング・足し算に使うハイライト・空間を埋めるチークを上手に使いこなして、全体で見たときに黄金比に近いキレイなバランスに仕上げていきましょう。
どこを目立たせたくないか、逆にどこに優しさをプラスしたいのか、イメージをしながら実践してみてください。

シェーディング&ハイライトのポイント♪

こめかみ下のラインをカモフラージュ


ひし形顔さんの場合、こめかみから下の張り出したラインが気になりやすく、横に張った印象を強くしてしまいがちです。
そこで、ご提案したいのは、気になるラインに沿ったシェーディング。
耳の縦幅と同じくらいで、以下イラストのように限定的な箇所にシェーディングを入れてみましょう。
横に張りだした角の印象が和らぎ、理想と言われる卵型の輪郭に近づけることができます。
顎が元からすっとしているので、シェーディングを付け足すだけでグッと美人顔に近づけますよ。

ハイライトでふっくら感を演出


顎の細さが気になってしまうのであれば、ハイライトで頬から顎にかけてのふっくらとした印象を操作していきましょう。
顎の細さが目立ってしまう場合は、頬から顎にかけて横に長目にハイライトを入れていきます。
額のハイライトは横長を意識することで、こめかみ部分をカモフラージュ。
顎は横長を意識し、逆に目の下の▼ハイライトは頬骨の横張りを目立たせないよう、縦長になるように意識してみてください。

チークでシャープさを和らげる


チークは基本的に「高く見せたい(目立たせたい)箇所に一番濃く」色が乗るように意識していきます。
ひし形顔さんの場合は、頬骨よりも上、横長に入れていきましょう。
頬骨より下に入れてしまうと、老けた印象に見えてしまうことがあるので注意しましょう。
この位置で横長に入れることで、頬より下の長さが長く見えて、程よく縦方向を強調することができます。
シェーディング・ハイライトと合わせた時に絶妙なバランスになる位置です。

タイトルとURLをコピーしました