自分にかみしめ癖があるかどうか確かめる方法は?

ビューティー

かみしめ癖は顎に負担をかけてしまうため改善した方がいいのですが、意外と自分では気づかないという人も多いですよね。そこで今回は、自分のかみしめ癖を確かめる方法を紹介します。



自分にかみしめ癖があるかどうか確かめる方法は?



食事前に口を開けてみて!


歯をかみしめているかどうか自分で確かめる方法としておすすめだと言われているのが、食事前に口を開けるという簡単な方法です。これを朝ご飯前・昼ご飯前・夕ご飯前それぞれの時間帯で行ってみて、どの時間帯で顎が痛くなるのか確認します。顎が痛くならなければかみしめ癖はありませんが、どこかの時間帯で痛みがある人はかみしめ癖が起きている可能性が高いです。

この方法を使うメリット

①いつでもどこでも簡単に実践できる

この方法は食べる前に口を開けておくだけでいいので、場所や時間帯を気にせずに実践することができます。しかも口を開けると言っても大きな口を開ける必要はないため、飲食店などの外出先でも気軽にチェックしやすくなっています。しかもこの方法だと年齢に関係なく誰でも簡単に実践できるので、子供から高齢者まで幅広くどんな人でも確認しやすいですよね。

②どの時間帯でかみしめ癖が起きているか分かる

この方法の最大のメリットとして挙げられているのが、かみしめ癖が起きている時間帯を把握することができる点です。

例えば朝ご飯前に実践して顎の痛みがある場合は寝ている間にかみしめている可能性が高く、昼ご飯前であれば午前中、夕ご飯前であれば午後からかみしめ癖を起こしている可能性があります。このように自分のかみしめ癖を確認できるのはもちろん、どの時間帯でかみしめている可能性があるのか調べることができるのは重要です。かみしめ癖が起きている時間帯を知ることができれば原因を把握しやすいですし、予防対策も考えやすくなります。

③日頃の生活を振り返ることができる

また自分のかみしめ癖の有無とかみしめ癖が起きている時間帯を把握できれば、自分の日頃の生活を振り返るよいきっかけにできます。

特にかみしめ癖が起きる時間帯が限定されている場合はその時間帯の過ごし方を振り返ることができますし、どの程度のストレスがかかっているのか・集中し過ぎているのかを判断しやすいです。そうして日頃の生活を振り返ることで結果的に予防対策を考えることができますし、自分が抱えているストレスにも気づきやすくなるのです。

タイトルとURLをコピーしました