気になる小鼻の赤み…。簡単に消すことができるメイクテクニックを紹介します!

ビューティー

メイクをするとき、「あれ、小鼻の横が赤いかも…」と気になったことはありませんか?女性の悩みの種になりやすい小鼻の赤み、どうやったら解決できるか探っていきましょう。



小鼻の横の赤みを簡単に消すメイク方法を教えて!



やっぱりコンシーラーが一番


メイクをする際に簡単に、そして綺麗に小鼻の赤みを消す方法として、コンシーラーを使うという手があります。普段のメイクの際にクマやシミ、ソバカスを消すためにコンシーラーを使用する方も多いかもしれませんが、実はそんなコンシーラーは、小鼻の横の赤みにも有効です。実際にどのような良さがあるのか、また使い方なども見ていきましょう。

コンシーラーを使うメリット

① すでに持っている人が多い

コンシーラーは普段のメイクからすでに使用している方が多いのではないでしょうか。わざわざ新しく赤みを消すための道具を購入しなくても、お手持ちのコンシーラーを用いればすぐに悩みを解決することができます。
また、普段からすでにお使いの方であれば、自分の肌に合ったコンシーラーを選ばれているかと思います。小鼻の横は時間が経つとメイクがよれやすく、コンシーラーが浮いてきやすいです。元から自分の肌に合ったものを使用していれば、その心配も少なく安心ですよね。

② 種類が豊富

コンシーラーにも様々な種類があります。例えばリキッド状のもの、スティックタイプのもの、クリーム状のものなどがあります。自分の肌に合ったタイプ、またベースメイクに合ったタイプのコンシーラーを選ぶことができるので、よりきれいに赤みを消すことができます。

③ お直しがしやすい


コンシーラーは基本的に小さなメイクポーチにも入るコンパクトなサイズのものが多いです。もしメイクがよれて直したいと思った時にさっと直せるのがコンシーラーの良さです。小鼻の赤み以外にもし気になったところがあっても、同時にお直しが可能です。

④ 肌のベースを作るところから赤みを消せる

コンシーラーを塗るタイミングはファンデーションの種類にもよりますが、基本的にリキッドファンデーションならファンデーションを塗った後パウダーファンデーションならファンデーションを塗る前に使用します。仕上げのパウダーをはたく前にコンシーラーをつけて赤みを消すことができるので、まるで元から赤みのない肌であるかのように見せることができます。
コンシーラーを乗せる際には肌がきちんと保湿されていることが大事です。基本的なスキンケアもしっかり行った上でコンシーラーを活用していきましょう。

▽あなたにおすすめの記事▽

 
 

ビューティー
よく読まれている記事
Fiache.
タイトルとURLをコピーしました