赤みが気になる肌におすすめなスキンケアアイテムとその方法を教えて!

ビューティー

冬になると、皮膚に赤みが出て困ってしまうという方は少なくありません。あまりに真っ赤になると、恥ずかしいですよね。ここでは、赤みが気になる肌におすすめのスキンケアアイテムをご紹介します。



赤みが気になる肌におすすめなスキンケアアイテムとその方法を教えて!



保湿性の高い化粧水を使おう。

赤みが気になる肌におすすめなのが、保湿性の高い化粧水です。そもそも肌が赤くなる原因は、乾燥やアトピーなどの炎症によって、顔の毛細血管が広がってしまうからです。肌トラブルを抱えている人は特に角質層が薄くなっているので、赤みは目立ちやすくなります。その点、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が配合されている化粧水でケアすれば、肌がふっくらしていきます。その結果、血管が透けて見えることがなくなり、赤みも改善が期待できます。

スキンケアのコツ♪

いくら保湿力の高い化粧水を使っても、スキンケアの方法が間違っていると赤みの改善は期待できません。そこで、次にスキンケアの方法についてご紹介いたします!

①優しく洗顔すること

保湿性の高い化粧水でケアする方法は、まず洗顔によって顔をきれいにしていきます。洗顔をする際は、必ず洗顔料をネットを使ってたっぷりと泡立ててから、泡で優しく洗うようにすることが大事です。汚れをきちんと取り除こうと、ゴシゴシと皮膚を擦るように洗ってしまう人は少なくありません。このように過度に摩擦を与えると、肌はダメージを受けやすくますます赤みが進行していきます。そのため、泡を使って優しくなでるように洗うことを意識しましょう。また、クレンジングは刺激の強いオイルタイプはやめて、皮膚に優しいミルクタイプを使うと良いです。

②化粧水は手で付けよう

洗顔が終わったら、化粧水を顔につけていきます。化粧水を皮膚に塗るポイントは、清潔な手のひらで温めながら乾燥が気になるところに何度も重ね付けすることです。コットンを使う人も多いですが、コットンだと繊維が肌の刺激となってバリア機能が低下する可能性があります。したがって、手のひらを使って角層のすみずみまで浸透させるように優しく塗布することがポイントです。

③クリームで保湿していこう

化粧水を塗布し終わったら、潤いを閉じ込めるために最後にクリームを塗っていきます。やり方は、まずクリームを手のひらで丁寧に温めてから肌に塗っていきます。顔の内側から外側に向けて優しくマッサージするように広げていくと良いですよ。保湿するために無意識のうちに皮膚に対して強い力で塗り込む人がいますが、これは逆効果。強く塗り込むと、肌の負担になって赤みが悪化してしまいます。優しく流れるように塗ることで、保湿力も高まり、老廃物を流して小顔効果も期待できます。

タイトルとURLをコピーしました