乾燥が気になる肌に、おすすめなスキンケアを教えて!

ビューティー

冬になると気になるのが乾燥です。何もしないと肌トラブルを起こしたり、化粧のりが悪くなってしまったり、良いことは一つもありませんが、スキンケアを工夫すれば乾燥を乗り切ることが出来ますよ。今回は、乾燥が気になる肌におすすめなアイテムと方法をご紹介いたします!



乾燥が気になる肌に、おすすめなスキンケアを教えて!



保湿力が高いクリームを選ぶことがポイント!

冬になると気温が下がるので、乾燥してしまうのはある程度仕方ないこと…。そんな乾燥に対抗するために必要になるのが保湿力です。肌から水分や有効成分が蒸発しない様、保湿力の高いクリームを使い、肌を守りましょう。しっかりと肌に潤いを閉じ込めてあげることが出来れば、お肌の乾燥は防げます。春、夏用のものよりも、保湿力が高いクリームを選ぶことがポイントです。

スキンケアのポイント♪

保湿力の高いクリームを使っても、使い方を間違えてしまうと効果が期待できません。では、どのように使うのが効果的なのか、その使い方やポイントをご紹介いたします!

①惜しげもなくたっぷりと!

一般的なスキンケアの手順では、クリームは一番最後に使うことが殆どです。化粧水で水分を、美容液で有効成分を肌に与えた後、それらが蒸発しない様、しっかり閉じ込める役割をするのがクリームになります。肌全体をしっかり保護するためにも、クリームはたっぷりと使うことが大切です。乾燥しがちなところにはクリームを重ね付けしたり、肌全体に万遍なくクリームをのせた後は、肌を包み込む様に両手を使い馴染ませたりといった工夫も効果的ですよ。

②手のひらでじんわりと温める。

気温が下がると、体温も下がってしまいます。せっかく化粧水やクリームを使っても、肌が冷たく強張っていては浸透力が落ちてしまいます。蒸しタオルなどで顔を温めたり、クリームを肌にのせる前に、手のひらでクリームを温めたり、何らかの形で温める工夫を入れてあげると、いつも以上に効果を感じられる様になりますよ。

③顔回りの邪魔を避けるようにする

前髪や顔周りに多く髪の毛がある場合や、顔を触る癖がある場合には、注意が必要です。これは、せっかく肌にのせたクリームを無意識の内に肌からとってしまうことになりかねません。そうすると、せっかく保湿力の高いクリームを使っても、効果がいまいち発揮されないといったことになっていまいます。スキンケアを行った後、30分くらいは、ヘアバンドやピンなどを使い、顔に髪がかからない様にしたり、頬杖など顔を触る動作を控えたり、顔回りの邪魔をしない工夫をすることが大切ですよ。

タイトルとURLをコピーしました