八角形顔さんに似合う、バランスの取れたシェーディングの仕方って?

ビューティー

八角形顔さんは、バイタリティ・活発さを感じさせる明るい印象ですが、エラや顔の横幅が気になってしまいがちに…。
シェーディング+ハイライトで、カモフラージュ&小顔を目指しましょう!
八角形顔さん向き、シェーディングの選び方やコツをご紹介します。



八角形顔さんに似合う、バランスの取れたシェーディングの仕方って?



不要な輪郭を削り、縦幅を広げるメイクが鍵!

エラ張り部分、角を感じさせる部分、顎の気になる部分など、理想と言われる卵顔の輪郭から外れる箇所にシェーディングを入れて、輪郭を削っていくことが小顔に近づく第1歩。
ただ、均一にのっぺりとシェーディングを入れていくと不自然な仕上がりになるため、濃淡のメリハリあるシェーディングが鍵になります。
シェーディングだけではなくて、縦幅を強調する形でハイライトも入れて、バランスの整った理想顔を目指していきましょう。

シェーディング&ハイライトのポイント♪

八角形顔さんに向くシェーディングの選び方


狙った箇所で色の濃淡を調整ができることや広範囲に手軽に使えることを重視したいです。
そこでおすすめしたいのが、パウダーまたは、スティックタイプのシェーディングです。
パウダータイプは色を重ねることで自然な濃淡を出しやすいので、初心者の方におすすめ!
スティックタイプは、量・濃さ調整にコツが必要ではありますが、一気に色を乗せられるのでメイク時短を目指したい方・慣れている方に一押し。

不要な輪郭を削る!シェーディングのコツ


顔の側面&気になるエラ部分に万遍なくシェーディングを入れると広範囲過ぎて、不自然になってしまいます。
コントラストを意識すること、狙った箇所にのみシェーディングを入れることがポイントです。
1:額〜耳にかけて
2:エラ張り部分に濃さ出す
一番張っているエラ外側に絞って色を濃く、頬側に向かって自然に薄めてなじむようにします。
首筋にも伸ばし、横から見たときに不自然にならないようにします。
3:顎にシェーディング

ハイライトでシェーディングの完成度UP


シェーディングとの相乗効果でよりメリハリのある顔を目指していきましょう!
八角形顔さんの場合は、頬の張りで横印象が強くなりがちです。
そこで、イラストのような目の下と鼻筋、顎に縦方向・逆三角を意識したハイライトを付け足すことで、縦が強調されて、引き締まり&小顔効果が得られます。
ハイライトの肌の色より少し明るめでツヤのあるものをチョイスしましょう。
クリームでもパウダーでも使いやすい方で問題ありません。

タイトルとURLをコピーしました