奥二重さん向け!アイラインでかわいい目元を作る方法って?

ビューティー

奥二重は知的なクールな印象をもたらしてくれます。でも、かわいい目元を目指したい女性も多いと思います!今回は奥二重さんでも、かわいく愛らしい目元を作るアイラインの引き方をご紹介いたします。



奥二重さん向け!アイラインでかわいい目元を作る方法って?



切開ラインとしっかり茶色ラインで目に丸みを!

切れ長な奥二重さんがかわいい目元を作るには、目の横幅を広げ丸みを持たせることが重要。そのためには、
① まつ毛の隙間をしっかり埋めるように描くようにする。
②目尻の見える部分はアイラインを長く引く。
③目頭部分にもちょこっとラインを描いて目頭切開メイクをする。以上の3つで目の横幅を広げることができ、かわいい目元を作ることができちゃいます!!また茶色のアイライナーを使うことで、目元の色素を薄くすることができ、外人さんのようなかわいい目元を作ることができますよ。

自然にできるかわいい目元の作り方って?

① 違和感のない綺麗なライン

まつ毛の上側のアイラインをあまり太く引かない代わりに、まつ毛の間埋めることによって、アイラインが瞼に隠れてしまうことなく綺麗な仕上がりに見えます。このラインは粘膜ラインと呼ばれますが、このラインをしっかり描くことにより目の印象をしっかりと見せることができます!また粘膜ラインは目元をナチュラルに盛ることができるので、どんな目元の方でもおすすめな引き方です。

② 目尻のラインは細く長く。

奥二重さんのアイラインは細めに引くことがポイント。細めに引くことで、違和感なく目の幅を広げることができます。アイライナーは細いものを使うと初心者でも安心して使えるのでおすすめ!目尻のラインを太くしたい場合は、下側を太くするように引けば自然に見えます。跳ね上げラインをする時も少し下側に引いてから跳ね上げると自然に見えます。

③ 切開ラインは「チョン!」

目頭の切開ラインも目の横幅を広く見せるために効果的です。ただし、目頭の切開ラインはほんの少し描くだけでもかなり効果があるため、あまり太く長く引き過ぎないように注意。目頭の皮膚にアイライナーのサイドを当てながら「チョン!」のイメージで描くことによって太くなりにくく、細く綺麗なアイラインを引くことができます。

④ 茶色ラインで透明感&ナチュラルかわいい

茶色のアイライナーを使うことで黒のライナーよりもナチュラルな目元を作ることができます。茶色のライナーは肌や白目とのコントラストが減るのでナチュラルに見えるんです。また、ブラウン系やピンク・ゴールド系のアイシャドウとも合い、自然なグラデーションを作っているように見えます。グラデーションを作るのが苦手な方でも簡単に見せることができるのでおすすめアイテムなんです。

タイトルとURLをコピーしました