時間がたってもよれない小鼻メイクのコツは?

ビューティー

暑い季節がやってくると、少しの外出でメイクがよれてしまうなんてことありませんか?
とくに小鼻の付近はよれやすい部分です。
時間がたってもよれない小鼻メイクのコツってあるのでしょうか?



時間がたってもよれない小鼻メイクのコツは?



皮脂の分泌を整えて!

メイクのよれの最大の原因は「皮脂」です。
皮脂の分泌を正常に整えることで、朝のメイクをきれいなまま保つことができるのです!

皮脂の分泌を整えるためのポイントって?

では、どのように皮脂の分泌をととのえていけばよいのでしょうか?
まずはご自身の肌の環境を見つめなおすことからはじめましょう。

脂性肌の人はまずは抑えることに重点を置きましょう

肌タイプが脂性肌のひとは小鼻だけでなく顔、そして体からも皮脂が過剰に分泌されています。過剰な皮脂の分泌は、メイクのよれだけでなくニキビや黒ずみの原因にもなってしまい、あまりよい状態といえないお肌環境です。
皮脂を抑えるためには、スキンケアの見直しと食生活などスタイルの改善が効果的です。
洗顔はやさしく、丁寧に行い、顔に残ったいらない皮脂を落としましょう。
油分の多い化粧品は控えめに、水分をしっかり与えるイメージでスキンケアを行うのが大切です。

本当に脂性肌?インナードライ肌に要注意

脂性肌について説明しましたが実は皮脂がたくさん出ている=脂性肌と安易に決めつけるのは危険です。
肌は、テカテカなのに実は肌の内側は乾燥している「インナードライ肌」をご存知でしょうか?
実は、日本人は脂性肌の人よりもこのインナードライ肌の人が多いといわれています。
脂性肌の人は肌のみでなく身体全体に皮脂が多い方が多いです。
小鼻だけ、頬だけ、といったピンポイントで皮脂が出ているときはインナードライ肌かも?とご自身の肌を見直してみてもよいかもしれません。
ご自身での判断が難しいと感じられたらコスメカウンターで水分チェックを受けてみるのもおすすめです。

インナードライ肌の人もスキンケアの見直しが大切!

インナードライ肌は内側の肌が「肌が乾燥している」と、勘違いして一生懸命皮脂を出している状態です。
なので、水分をしっかり届けて油分で水分を逃がさないようにしてあげることが大切です。
メイクをよれさせないためには土台となるスキンケアがポイントです。
ぜひ肌から見直して、よれ知らずの綺麗なメイクを目指してみてくださいね!

合わせて読みたい☆

Fiache.では他にも、鼻に関連したメイク方法の記事を公開しています!

タイトルとURLをコピーしました