オフィスでも目元を盛るためのメイクのコツは?

ビューティー

顔の印象をパッと決めてしまうほど重要なパーツといわれている目。オフィスでも目元の印象はとても重要ですね。取引先や社内で好印象を持ってもらうということは仕事をする上でも大切なファクター。目元のメイクを間違えると、派手に見えたり、暗い印象になってしまうことも…。好印象を与えながら目元をしっかりとメイクする方法のコツをお伝えします。



オフィスでも目元を盛るためのメイクのコツは?



アイラインとまつげが最重要!


オフィスでも目元を盛りたい!そんなアナタには、アイラインとまつげが盛り感を与えてくれる重要な要素になります。アイライナーは目尻にいくにつれて太めに長く引いて、少しだけ強めにラインを目立たせるのがポイントです。このアイメイクは、落ち着いた髪型との相性が良く、小悪魔っぽくてキレイに仕上がります。目元に自然な深みが出て、目力がアップしますよ。

目元盛りメイクのコツ

リキッドとペンシルを使い分ける

メイク方法のコツとしては、最初にリキッドタイプの黒のアイライナーで目頭から目尻側に行くにしたがって太くなるように引いていきます。アイライナーは、できるだけ先端が細くてコシがあるものを使いましょう。そのような商品をチョイスすることで、太さの調節がしやすくなります。アイライナーを引く際の目尻は4mmほどはみ出すように長めに引いて、目力を強調するのがポイントです。リキッドタイプでくっきりとした目元をつくったら、次はペンシルタイプのアイライナーを使いましょう。やり方としては、ペンシルアイライナーで上まぶたのインサイドラインを引いていきます。まつげとまつげの間をしっかり埋めることで、目のフレームを大きく見せる効果がありますよ。

マスカラにも手抜きをしない

マスカラも目元の印象を左右するので、目尻側のまつげにたっぷり塗って、より目力を強調しましょう。最初に上まつげ全体にマスカラをつけます。ブラシをまつげのグッと押し当てて、そのまま毛先に向かってすべらせるように塗るのがポイントです。強調したい目尻側は、少しブラシを斜め上へ動かして、3度塗りしましょう。下まつげは上まつげと同じものを使用せず、下まつげ用のマスカラを購入することをおすすめします。下まつげ用マスカラは、ブラシ部分が極小になっていて、短くてまばらな下まつげをしっかりカバーしてくれるんです。下まつげの根元から毛先に向かってスーッとなでるように塗るのがコツです。最後にダマになっていないかも、しっかりチェックしましょう。

ビューティー
よく読まれている記事
Fiache.
タイトルとURLをコピーしました