【片方一重で片方二重】「左右で目の大きさが違う」悩みを解消!バランスを整えるアイメイクのポイント♡

ビューティー

片方が一重で片方が二重の場合、「左右で目の大きさが違う…。」という悩みを持っている人も多いのではないでしょうか?しかし、両方に同じメイクをするとアンバランスなってしまいます。こんなときは短時間でサクッと終わる簡単アイメイクでバランスを整えちゃいましょう!簡単なポイントを押さえるだけで、目のバランス揃えることができますよ♡

アイシャドウの塗り方を左右で変える


左右で目の大きさが違うなどの、目元のアンバランスさを解消する方法は、アイシャドウの塗り方を左右で変えると。普段のアイメイクに少し変化を加えるだけなので今すぐにでもできますし、やり方を覚えてしまえば数分で完成できるほどお手軽です。しかもアイライナーなどは、左右変えて過ぎてしまうと目を閉じた時に違和感がありますが、アイシャドウを利用すれば目を閉じた時に、ナチュラルに目の大きさをカバーすることが出来るという所も魅力的ですね。

アイメイクのポイント!

一重と二重でアイシャドウの幅を変える


このメイクは一重にアイシャドウを太めに塗り、二重には細く塗るのがポイントです。一重に塗るアイシャドウは、目を見開いたときに目立つくらいの濃い色を使いましょう。特にブラックやブラウン系がおすすめです。目頭から目尻にかけて、徐々に幅を広げながら塗っていきます。この時全体を濃く塗るのではなく、徐々にグラデーションをつけながら幅を広げていくのがポイントです。グラデーションを作るのが苦手な方は、塗った後にブラシやチップをまぶたの上から下へ優しく動かすと、主張しすぎないナチュラルな仕上がりになります。

目が大きい方に合わせる

まず二重の方からアイシャドウを塗り、それに合わせる形で一重の方をメイクしましょう。目が大きい方に合わせることで、小さい方の目を大きく見せやすくなります。逆に小さい方の目に合わせてしまうと、アンバランスさが際立ってしまう可能性があるため注意が必要です。

まぶたの皮膚が伸びる心配がない

のりやテープタイプなどの二重にするためのメイクアップ用品を使えば簡単に一重を二重に変えることができますが、一方で長期間にわたって使い続けているとまぶたへの負担が大きくなり、皮膚が伸びてしまうリスクがあります。また、慣れるまでは時間が掛かったり、不自然な二重になってしまうことも珍しくありません。アイシャドウによるメイクならそれらの心配がなく、違和感のない二重を作ることができます。

この方法のメリット!

忙しい朝でもサクッとできる

まぶたにアイシャドウを塗るだけで目元のバランスを整えることができるので、仕事やお出かけ前に短時間で仕上げられるのも大きなメリットの一つです。自分の目元に合った理想の幅を見つけるまでは少々苦労するかもしれませんが、一度やり方とポイントを見つければ簡単にできちゃいますよ。

あなたにおすすめの記事

 
 
 
 

タイトルとURLをコピーしました