丸顔さんに似合う、大人っぽいシェーディングの仕方って?

ビューティー

丸顔さんのお悩みといえば、可愛らしい印象から童顔に見えてしまうということ…。
頬がたるんで見えてしまうとお悩みの方も多いです。
丸顔の印象を大人っぽく!たるみコンプレックスも一気に解消!
丸顔さん向きシェーディングのコツをご紹介します。



丸顔さんに似合う、大人っぽいシェーディングの仕方って?



大人っぽさを引き出すには縦方向を意識


縦と中心を意識したシェーディングとハイライトがキーポイント。
シェーディングで輪郭サイドを削ってあげることで、顔の印象が縦方向に伸び、大人っぽくなります。
さらにシェーディング効果を引き立たせるには、ハイライトも活用してみて。
頬のたるんだ感じが気になる方も多いですが、ハイライトで顔中心に光を集めれば骨格が引き立ち上品な印象に。
シェーディングとハイライトでお顔全体のバランスを整え、華のある上品さを目指していきましょう。

縦方向シェーディングのコツ!

顔の側面は3を書くようなイメージで、立体感を出す!

正面から見た時にきれいな卵形になるように、フェイスライン・髪の毛の生え際にシェーディングを施していきます。
輪郭のサイドと頬骨に重点的にシェーディングを入れることで、骨格・頬の筋肉が引き締まって見えますよ。
顔の側面は3を書くようなイメージで。
シェーディングの濃淡は「顔の中央部分>髪の生え際/顔の中心部分>顎・首側」といったように中心〜端に向かって薄くしていくとメリハリと立体感のある顔にできますよ!

シェーディング効果倍増!ハイライトを活用


ハイライトを活用して顔の中心部分に遠近感を与えると、骨格が引き立ち、たるんで見えがちな頬がすっきりした印象に。
ハイライトを目の下、あご先に細長い長目の逆三角形に、額から鼻筋にも真っ直ぐに入れて縦線を強調していきましょう。
ハイライトの色は、肌よりもワントーン明るめで、透明感なら「ホワイト」、華やさなら「ゴールド系」、さりげないツヤ感なら「ベージュ系」を…と、雰囲気に合わせた選び方ができると良いですね。

膨張色になるチークは省略も検討

ピンク・オレンジなどのチーク色は、膨張色となり、ぼんやりとした印象を与えてしまいます。
そうするとシェーディングやハイライトの効果を台無しにしてしまう可能性が高いです。
丸顔さんの場合は、シェーディングやハイライトで十分に影と光を仕込んでいるため、あえて膨張色になるチークを付け足す必要はありません。
「どうしても血色を良くしたいからチークを使いたい」といった場合には、頬骨のラインに沿って斜め上に控えめに入れてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました