絶対バレたくない。自然な二重を作るアイプチは、ズバリこれだ!!

ビューティー

最近では一重や奥二重の人でも簡単にぱっちり二重になれるアイテムがたくさんあります。でも、せっかく作るなら、「作った二重」だとばれずに自然な二重にしたいですよね。今回は、最もばれにくい二重の作り方をご紹介します!



二重を作るアイテムでばれにくいのはどれ?



折込方式の二重のり!



二重を作る方法はアイプチや絆創膏など色々とありますが、最もバレにくい二重の作り方、それはズバリ、折込方式の二重アイテムで二重を作ることです。折込方式とは、液状の二重アイテムで、瞼の皮膚同士をくっつけることなく、液を塗った部分と塗っていない部分の境目に折り目が作られ、二重が形成されるという仕組みのアイプチです。

最もバレにくい&おすすめする理由

①皮膚をくっつけないので目を閉じても自然!


アイプチなどの皮膚をくっつけて二重にするタイプの二重アイテムはどうしても目を閉じた時に瞼がひきつったようになり不自然に見えがちです。皆さんの周りにも目を閉じた時にアイプチしているなーとわかる方結構いるのではないでしょうか。折込方式は皮膚をくっつけるのではなく、折り込んで二重を作るのでそんな心配もいりません。

②アイシャドウなどで隠せば目立たなくできる!


絆創膏などの引っ張って瞼の上に線を作るテープ方式の二重はアイプチと比べると目を閉じた時の不自然感は少ないです。折込方式も同じく目を閉じたときの違和感は少ないですが、塗ったところがテカるなど、瞼に何か細工を施した形跡が目立つ恐れはあります。でもこれは塗った上からファンデーションやアイシャドウを上塗りすることで隠すことができますよ!

③瞼にやさしい!

参考:ふくれな/fukurena

目の周りの皮膚はサランラップほどの薄さしかないことをご存じでしょうか。そんなデリケートな皮膚を無理やりくっつけたり、テープで押し込んで引っ張るなどの行為を毎日繰り返していると肌に大きな負担をかけることになります。恐ろしいことに、ダメージを負って伸びきった皮膚は二度と元には戻りません。折込方式ははがす時もお湯につければ取ることができるので肌への負担が少ないんです。

タイトルとURLをコピーしました