厚い下くちびる×ブルーベースに似合うリップの色と形って?

ビューティー

実は日本人向けのリップはイエローベースが多く、間違った選び方をしてしまうと、ブルーベースの人では浮いて見えてしまうことも多いです。また人によって唇の厚さもそれぞれ。でも色選びとメイクのコツさえマスターすれば美しい唇を手に入れることができるんです。



厚い下くちびる×ブルーベースに似合うリップの色と形って?

 



コンシーラーと寒色系のリップが必需品


ブルーベースの肌には、青や緑がかった寒色がとてもよく似合います。ミントグリーンやラベンダー、ロイヤルブルーなどが入ったピンクや赤を選べば、肌から浮かずキレイになじんでくれます。また、透明感のあるパステルカラーもとてもよく合います。そして下唇にボリュームがある場合は、コンシーラーを使って程よく抜け感を作るのがテクニックです。

ブルーベースの人が寒色を選ぶべき理由


ブルーベースの肌には、青みのニュアンスが一番自然になじみます。
もともと唇や頬の色が薄い青みがかったピンクなので、ピンクでもコーラル系よりローズ系、赤でも深紅系よりワイン系の方がより透明感を引き出してくれます。反対に、オレンジ系やブラウン系は使いこなすのはかなり難しく、唇だけが悪目立ちしてしまうことになるので、避けた方が良いです。

コンシーラーを活用すべき理由


ぽってりした唇は人気ですが、下唇の厚みにコンプレックスを感じる場合、存在を控えめに見せるテクニックがコンシーラーです。ベースメイクのときにコンシーラーでいったん唇の色を消し、その上から下唇の内側にだけリップを塗りましょう。
その後、リップブラシか指で輪郭を外側に広げながらラインをぼかすと、厚みを軽減して見せることができます。また、仕上げにグロスで全体をなじませると、自然なグラデーションを作ることができますよ。

上級テクニックをご紹介!

上くちびるにボリュームを持たせるのは上級テクニック

下唇だけが厚いコンプレックスがある場合は、下唇のボリュームダウンをさせつつ、上くちびるをボリュームアップさせる上級テクニックもあります。
唇は上下の厚みバランスを整えることが美しく見せるコツなので、下唇にばかり気をとられるのではなく、薄い方の形を補正するのもポイントです。寒色系のリップをブラシにとって上くちびるを少しだけオーバーライン気味に描き、内側を塗りつぶして輪郭をぼかしましょう。上下のバランスがうまく取れると、魅力アップの唇メイクの完成です。

タイトルとURLをコピーしました