厚いくちびる×イエローベース肌に似合うリップの色と形って?

ビューティー

日本人に多い肌色がクリーム色や黄みがかったイエローベース肌には、どんなリップの色が似合うのでしょうか?今回は唇が厚く、コンプレックスを抱えている方に、似合うリップの色と形をご紹介します。



厚いくちびる×イエローベース肌に似合うリップの色と形って?




ファンデーションやコンシーラーで隠しながらコーラルピンクで決める
 


厚みのある形をファンデーションやコンシーラーを活用して隠しながら、唇の色に近いリップライナーリップラインで縁取り、オレンジに近い温もりのあるピンク系のコーラルピンクで塗りつぶしましょう。

詳しいやり方をご紹介!

ファンデ―ションやコンシーラーで唇の大きさを決める

①まず初めに唇の大きさを変身させましょう。


唇の大きさなんて変えられるわけないと不思議に思われた方も、お手持ちのファンデーションやコンシーラーが武器になります。ファンデ―ションやコンシーラーで唇の色味を抑えることで、大きさのバランスを変えることが可能です。
唇にファンデーションやコンシーラーは塗った経験がないと思いますが、ファンデーション用のパフを用い、唇と肌の境界線あたりをぼやかすように、ポンポンとなじませるように叩きこんで、唇の上に乗せてみましょう。これは唇の赤みや縦ジワも隠せるため、唇をより美しく魅せてくれます。

②実際の唇より小さめのリップラインを描く

続いて元の唇の色に近いカラーのリップライナーを用意してください。
今度は実際の唇より小さくなるよう、内側に縁取りしながらリップラインを描きます。
特にボリュームが出やすい、唇の上側と下側の中心部は、より小さく描くことがポイント。逆に口角付近は、小さく描きすぎると違和感が出るので、元の唇より、やや抑えめくらいで描くとより自然に見えます。

③ナチュラルなリップでリップラインの中を塗りつぶす


唇の厚みや大きさを抑えられたところで、色をつけていきます。イエローベース肌にはコーラルピンクが似合います。この色は自然な血色感を出してくれるので、元気で明るい印象を与えてくれます。また唇の厚さを隠すために、リップブラシを使って、ムラなく丁寧にリップラインの内側を塗りつぶしていくのもポイント。最後に唇を自然に見せるために、唇のまわりの陰影をコンシーラーで消して完成です。

タイトルとURLをコピーしました