毎日の洗顔時にできるニキビの対策方法は?

ビューティー

ストレスや生活習慣で出来てしまうニキビ、一つできてしまうだけでもブルーな気持ちになってしまいますよね。ニキビ対策には洗顔がとても重要です。丁寧な洗顔でニキビをケアしていきましょう。



毎日の洗顔時にできるニキビの対策方法は?



しっかりと泡立てたきめ細やかな泡で肌を優しく丁寧に洗う→ぬるま湯で流す


1日1、2回の洗顔を心掛けましょう。余分な皮脂は洗顔で丁寧に取り除いてあげるイメージですが、皮脂が出たからといって1日に何度も洗顔するのはNGです。
しっかりと泡立てたきめ細かい泡で優しく、丁寧に洗うことがとても大切です。洗い流す水も熱すぎたり、冷たすぎたりすると毛穴の開きの原因になり、肌のコンディションが悪くなりますので、適温のぬるま湯で洗い流しましょう。

ニキビの原因から洗顔の大切さを探ってみよう

ニキビの原因となるのが「アクネ菌」です。このアクネ菌を洗顔して除去しなくては!と思われがちですが、実はアクネ菌は肌に常にいる菌なのです。毛穴のつまりや肌を守る力が弱くなった時に、アクネ菌がニキビを発生させてしまいます。ニキビを発生させないためには、肌のコンディションを保つことが重要になってきます。

では、どのようなケアが必要になってくるのでしょうか。アクネ菌の性質をもとにニキビの対策を考えていきましょう。

アクネ菌は皮脂が大好き

普段は悪さをせずに肌にいるアクネ菌ですが、皮脂と合わさることによってニキビへと変化していきます。そのため、過剰に皮脂が分泌されてしまう脂性肌タイプの人はニキビがどうしてもできやすいのです。

余分な皮脂は洗顔で丁寧に取り除いてあげましょう。しかし、皮脂が出たからといって何度も洗顔したり、強い力で皮脂を取り除こうとするのは×。皮脂は肌の乾燥を守るラップのような存在なので完全に落としきることはできません。そのため、必要な分の皮脂を洗い流したり、取り除きすぎると肌の内側から皮脂を出さなくては!という指令が届き更に皮脂が出てきてしまい、悪循環に陥ります。

毛穴はアクネ菌が入りやすい

皮脂をエサにしてニキビを発生させるアクネ菌ですが、実はもう一つ条件が重なることでニキビができてしまいます。それは角質。角質で毛穴が詰まることにより、ニキビが発生します。

角質で毛穴が塞がれてしまうと、その毛穴から出てくる皮脂はそのまま毛穴にとどまったままとなります。元々、アクネ菌は空気に触れることを嫌うため角質によって閉ざされた毛穴は好条件になってしまいます。
角質対策にもやはり洗顔、そしてスキンケアが重要になってきます。

ニキビを早く治そうとするには、土台のケアが大切だということがわかりました。皮脂、そして角質をきちんとケアしてニキビなしのきれいな肌を目指しましょう。

タイトルとURLをコピーしました