冬メイクにおすすめのリップは?

ビューティー

冬になると、乾燥で唇がガサガサしやすくなり、メイクの中でもリップに気を使うようになりますよね。寒さによる顔色の悪さもカバーできるリップカラーですが、おすすめはどんなリップでしょうか?



冬メイクにおすすめのリップは?



血色カラー&マットな質感リップ!


ズバリ、冬のメイクにおすすめのリップカラーは「血色カラー&マットな質感」です。この二つのポイントを抑えるだけで、健康的かつおしゃれに見える冬のメイクアップが期待できます。おすすめカラーのメリットと、効果的な塗り方を紹介するので、ぜひ試してくださいね。みんなに一歩差のついた冬のビューティーをゲットしましょう。

血色カラー&マットな質感リップのポイント♪

① カラーは血色がよく見えるものをチョイス


リップカラーは自分の顔色がよく見えるものを選びましょう。「イエベ」「ブルベ」などの言葉を聞いたことはありますか?これはパーソナルカラーといって、その人に似合う色をイエロー系かブルー系に分けたものになります。瞳の色や肌・髪の色から診断するものですが、このパーソナルカラー診断の結果を参考にすると、顔色がよく見えるリップカラー選びのよい判断材料となります。イエベさんは、コーラルやバーガンディ・サーモンピンクなどのオレンジ系や朱色系のリップカラーがおすすめ。ブルベさんは、ビビッドピンクやプラムなど青みがかった色や紫系の色がよいでしょう。また、秋冬は毎年ブラウンが流行るので、オレンジ系・紫系どちらのブラウンかを見極めて、自分の顔色に合ったカラーをチョイスするのもおすすめです。

② 質感はマット系のものをチョイス

リップカラーの中には、グロス効果のあるツヤツヤしたものや、ラメの入った煌びやかなものなどたくさんの種類がありますが、秋冬の大本命はなんといっても「マット」な質感です。潤い成分が多いものをチョイスするのは秋冬コスメのスタンダードですが、プルプル・キラキラしたものは透明感や爽やかなイメージから春夏というイメージがあります。季節を考慮して選ぶなら、マットなものが大正解だといえるでしょう。季節に合わせたメイクは上級者の印象が付くため、ぜひ取り入れてほしいポイントです。

③ 効果的な塗り方

自分の顔色にあったリップを手に入れたら、その使い方にもコツがあります。更におしゃれに見せるためには『ポンポン塗り』がおすすめ。スティック型リップであってもそのまま塗らず、一度指にリップを取ってから、ポンポンと軽く叩くように色を乗せてゆきます。少しずつカラーがつくので、濃い色のリップにも挑戦しやすくなりますよ。また、マットな質感を保つためにも指を使ったポンポン塗りはとても効果的です。

タイトルとURLをコピーしました