【顔型別】丸顔さんが小顔に見えるチークの入れ方のコツは?

ビューティー

丸顔は可愛らしい印象を与える一方、子供っぽい・顔が大きく見えるなどと感じる人も少なくありません。丸顔さんをチークでスッキリと、小顔に見せるテクニックをチェックしてみましょう。



丸顔さんが小顔に見えるチークの入れ方のコツは?



頬骨の高い位置から鋭角的に!

丸顔さんを小顔に見せるには、頬骨の高い位置から鋭角的にチークを入れるのがおすすめです。またシェーディング効果を狙って、顔の両サイドに「くの字」方にチークを入れるのも、スッキリとシャープに見せてくれます。またチークのカラー選びも重要で、コーラルやオレンジベージュであれば、大人っぽい小顔メイクが完成します。

チークを入れるときのポイント☆

① 頬肉を目立たせないようにする!

丸顔さんの場合、頬にお肉がついてぽっちゃりして見えるケースが少なくありません。チークで小顔を作るには頬肉をスッキリ見せる必要があります。頬骨の高い位置からこめかみに向かい、鋭角的にチークを入れることで視覚効果によって頬肉が目立たなくなり、小顔に見せることが可能です。ただし、チークの幅が広すぎると顔の横幅がより強調され小顔効果が無くなってしまうので、チークを入れる幅は狭めにするのがコツです。

② シェーディング効果も狙っちゃおう!

メイクで小顔に見せるには、チークでシェーディング効果を狙うのもおすすめです。シェーディング効果によって顔が立体的に見え、丸顔さんも大人っぽい小顔メイクができます。頬骨を包み込むような感じで、顔のサイドに「く」の文字を書くようにしてチークを入れるとシェーディングとチークの効果を両方得ることができるのでおすすめです。

くの字にチークを入れる際は、太目のチークブラシを使うと良いでしょう。まずはこめかみを起点にして、生え際に沿わせ上にふわっとチークをのせます。眉尻の上あたりまで入れるのがコツです。次に再びこめかみから頬骨に沿って、斜め下へとチークを入れます。この時、チークを入れる位置は頬骨の下ではなく、頬骨自体を包み込むような感覚で入れるとシェーディング効果でキュッと小顔に見えます。

③ カラーはコーラルやオレンジベージュがおすすめ!


丸顔さんは可愛らしい印象があるため、ピンクカラーのチークを使うとふんわりと顔がぼやけてしまう恐れがあります。チークで小顔を目指すのであれば、コーラルやオレンジベージュといった引き締めカラーがおすすめです。これらのカラーは大人っぽいメイクに仕上げる効果もあり、丸顔さんをスッキリとシャープに見せてくれます。

タイトルとURLをコピーしました