冬に乾燥しない、ベースメイクのコツ・方法は?

ビューティー

冬は肌の水分が失われがちです。エアコンの温風などで冬の肌がカラカラになってしまい、メイクが崩れてしまうこともあります。そこで今日は冬の乾燥対策のためのベースメイクのコツや方法をご紹介します。



冬に乾燥しない、ベースメイクのコツ・方法は?



粉っぽくなるパウダーの重ね塗りを控えるのがコツ!


冬に乾燥しないためのベースメイクのコツは、パウダー系を重ねないことです。チークやフェイスパウダーなどをできるだけ重ねないことで、肌の粉っぽさをおさえることができます。チークを使用する場合には、その部分にはフェイスパウダーを使用しないといったように、できるだけ薄塗りを心がけます。ベースメイクの段階で粉っぽさを作らないようにしないと、日中の冬の乾燥の影響でますます粉っぽさが増してしまいます。

パウダーの重ね塗りを控えるメリットって?

① 粉っぽさをおさえて、潤いをキープ!

ベースメイクでパウダー系が重ならないように気をつけるだけで、肌の潤いをしっかりとキープすることができます。粉状のメイクアイテムは、サラサラとしたテクスチャーで使い心地が良いのですが、肌の潤いを吸い取ってしまう性質を持っています。肌の潤いのもとの一つは皮脂ですが、この皮脂を吸着してしまうのでパウダー系のメイクアイテムを使用する場合には注意してください。パウダー系の化粧下地やコンシーラーは夏には最適ですが、冬の肌には向きません。できればリキッドタイプやクリームタイプのものを使用して、しっとり肌を目指しましょう。

②化粧直しが楽ちん!

パウダー系を重ねないことで、メイク崩れもぐっと減らすことができます。乾燥によるひび割れや、肌がパリパリとした感じになることに悩まされている人に試してほしい方法です。さらにフェイスパウダーやチークなどが重なっていると化粧なおしをする時に手間がかかって大変ですが、パウダー系の使用を控えていると簡単になおすことができます。乾燥で崩れたメイクは、オイルを指先で馴染ませた後にブラシでファンデーションをのせるだけで簡単に直すことが可能です。

③ナチュラルつや肌が作れる!

パウダー系の使用を限定することで、つやがある自然な仕上がりの肌を作ることができます。リキッドタイプの化粧下地やコンシーラー、ハイライトを使用することで乾燥に強いしっとりとしたベースメイクになり、薄塗りでもきちんとメイクをした印象になるのでオフィスにもオススメです。

タイトルとURLをコピーしました