顎にニキビができやすい!顎にニキビができる原因とケア方法を教えます!

ビューティー

顎のニキビが何度もできてしまい、スキンケアクリームなども効果を実感できない時には早急な対処が必要です。原因を確かめながら顎のニキビをケアするために、いくつかの対処法をお伝えします。



顎にニキビができやすい!顎にニキビができる原因を教えて!



乾燥しやすい一方、皮脂が多いため毛づまりを起こしやすいから!


顎は汗腺が少ないため乾燥しやすい一方、皮膚線が多く乾燥をカバーしようと皮脂をより多く分泌してしまいます。そのため毛穴づまりを起こしやすいのです。さらに肌のターンオーバーの周期が崩れる事で、外的刺激から肌も守る「肌のバリア機能」が低下し、より顎のニキビがより増える原因になります。毛穴の奥に潜んでいるアクネ菌というニキビの原因となる菌が成長して、何度も顎のニキビが再発する事にもなりかねません。

顎のニキビをケア方法は?

①睡眠のサイクルを整える事が重要


仕事が忙しくて短時間しか眠れない日々が続いていると、ホルモンバランスが乱れる事でターンオーバーの周期も崩れてしまい、顎のニキビが多発する事も珍しくありません。健康的な暮らしを続ける事もニキビ対策として重要だと考えて、睡眠のサイクルを整える事をおすすめします。眠りの質を高めるために寝具を買い替えたり、1日に7時間以上は眠るのも肌質の改善に繋がります。4時間や5時間ぐらいしか眠れない日々を過ごしている人は、皮脂の分泌量も不安定になって毛穴が詰まりやすいので注意が必要です。

②手の汚れが顎に移る事もある


普段から手を洗う回数が少ない人が頬杖をついていると、手に付着している菌類などの汚れが顎に移ってしまい、毛穴に菌類が入り込む事もありえます。毛穴に汚れや菌類を溜め込まない事が、顎のニキビの再発を防ぐには重要だと考えてください。仕事などで手が汚れた時には、定期的に手を洗う癖をつけておく事もニキビ対策になります。アクネ菌は自然に多く存在する菌類なので、滅多に手に付着する事はないと考えずにふだんから対策しておく事が重要です。

③肌の乾燥に気を付ける

乾燥肌に苦しんでいる人は保湿ケアを定期的に行わなければ、肌の乾燥が原因で皮脂の分泌量が増えてしまい、アクネ菌が皮脂の餌になって顎のニキビが増えます。頬や鼻の下などのカサつきやすい部分だけでなく、顎の保湿ケアも丁寧に行う事を意識するだけで、顎のニキビを減らす事は可能です。就寝前や外出前に保湿クリームなどを塗布しながら、肌の乾燥を防いでください。

タイトルとURLをコピーしました