【2020秋最新】トレンドの薄づき×ブラウンリップを使ったおすすめメイク方法を詳しく紹介!!

ビューティー

自分の唇の色を生かしつつ艶っぽく、どんな場面でも活躍できるような今秋流行りの薄づきブラウンリップは、夏と冬をつなぐ一時落ち着く季節にぴったりなアイテムです。リップが薄いと、血色が悪く見える、メイクがなかなか映えない、と悩んでいる方にもおすすめなメイク方法とイエベ・ブルべ別でピッタリな薄づきブラウンリップを紹介します。友達と遊びに出かけたりロマンチックなデートにももちろん、オフィス等の普段使いもできるほんのり薄づきリップで秋メイクを楽しみましょう。

メイク方法を紹介♪

① ベースメイクはマットに若干の艶感ある魅力的な肌に


まずはメイクの基本ベースメイクについて。秋のトレンド色でもあるブラウンの薄づきリップに合う肌といえばマットベースに若干の艶出し。おすすめはViseeのヌーディフィットリキッド


ご自身の肌に合った色を選んでいただき、使用してください。適量を手にとりフェイスブラシで馴染ませて下さい。お使いのコンシーラーで気になる部分をカバーした後活躍するのがTIME SECRETのミネラルプレストパウダー


こちらもご自身の肌に合った色味をチョイスしていただきリキッドの上から艶感を消していくイメージで馴染ませていきます。若干のマット肌になったら基本の部分は完成です。ここから目の下頬骨顎のライン鼻筋等お好みでゴールドのハイライトを入れていただくとマットベースに艶感のある魅力的な肌になります。

②アイライン・マスカラは自分に合ったカラーで印象チェンジ


アイメイクで重要なのがまずカラーと印象。柔らかい印象にしたいのか、はたまた少し悪戯なキャットアイな印象にしたいのか。人それぞれ違うと思いますが、まずご自身の目を見て確認していただきたいことがあります。ズバリ!まつ毛の生え方です!まつ毛の量や長さではなく、まつ毛の生え際の隙間を見てください。まつ毛とまつ毛の間隔が広く肌色が所々見える人はブラウン、また間隔が狭く肌色が見えにくい方はブラックのアイラインとマスカラを使用していただくとアイメイクは映えます。

③アイシャドウはブラウン系にワンカラーをプラス


続いてアイシャドウですがリップのカラーに合わせ、ブラウン系で統一しましょう。またほんのりオレンジやレッド等の暖色もぼかして入れると一層お洒落ですね。おすすめのアイシャドウはViseeシマーリッチアイズBR−3です。

購入時についている使用方法でグラデーションを作ってください。また、なんか物足りないということであれば、CLIO PRO EYE PALETTE 01 SIMPLY PINKというカラーパレットから暖色の赤をぼかして入れていただくと少し印象深い目に仕上がります。

③ アイブロウはいつもより少し明るめに


顔の印象を決める一番大事なところと言っても過言ではないですね。ここまでベースメイク、アイメイクとなんとなくできていた方もアイブロウメイクでかなり苦戦している方多いかと思います。そんなアイブロウメイク、まず気を付けなくてないけないのが色です。よく髪の毛の色に合わせて選ぶと良いと聞きますが、秋のメイクでトレンドのブラウンリップを使用する際、試してほしいアイブロウメイクがあります。まずご自身の髪の色より少しハイトーンのアイブロウパウダー、アイブロウペンシル、アイブロウマスカラを選んでいただきます。ここは特にメーカー等はこだわらずに色味だけのチョイスでいいかと思います。おすすめとしてはコスパ王のCANMAKEでしょうか。


アイブロウペンシルでまず大体の眉の輪郭を描いてからアイブロウパウダーでぼかします。気になる方はここでノウズシャドウを入れると後が楽です。ある程度整ったところで先程のCLIO PRO EYE PALETTE 01 SIMPLY PINKから暖色の赤を眉に筆で馴染ませていきます。最後にアイブロウマスカラで毛並みを整える程度に調整したら完成になります。フワッとした眉毛になりますが、もししっかりした眉毛の方がいいということでしたら、コンシーラーで形を整えるような意識でぼかした部分を消していけば、しっかりとしたメリハリのあるハリウッド風の眉になります。

④ オレンジチークで柔らかい印象に


今秋トレンドのほんのり薄づきブラウンリップに合うメイク方法をここまで紹介してきましたが、顔の全体的なトーンがこのままだと悪くなってしまいます。全体的にメリハリをつけるためにもチークはかなり重要と言えます。カラーはオレンジ系のチークでおすすめはMACのミネラライズブラッシュ


明るめのオレンジ色でどんな肌色にもなじみやすく、印象も一気に明るくなるのでおすすめです。またチークの入れ方として、頬骨に沿って斜めに入れてあげると小顔効果と全体的に引き締まって見えます。またふんわりとした柔らかい印象のメイクに仕上げたいということであれば、CLINIQUEのチークポップ01ジンジャーポップがおすすめです。


優しいお花見たいなピンクに上品なラメも入っているので一気に柔らかな印象になります。このカラーも同じく頬骨に沿って斜めに入れてあげると柔らかくも綺麗めな印象になります。

⑤ ブラウンリップで旬顔に

リップの塗り方ですが、マットであれば少しオーバーリップでセクシーな輪郭の唇ができますね。薄づきリップのおすすめの塗り方ですが、飾らず自分の唇の輪郭、色で勝負!と言ったところでしょうか。コツとしては、上唇の山を目安に丁寧に形に沿って塗っていくことです。薄づきリップの場合は、オーバーリップにしてしまうと唇が腫れたように見えてしまうので、気を付けてください。特にこだわらずご自身のあるもともとの魅力に少し今秋のトレンド色であるブラウンに力を借りて、夏から冬にかけてのんびり楽しめたらいいですよね。

ブルーベース・イエローベース肌に合うおすすめの薄づきブラウンリップは?

ブルーベース肌


ブルーベース肌の方に合うと言われているリップカラーは青みピンク系と言われています。一見派手になってしまいそうな高発色のピンクリップもブルーベース肌の方であれば肌色に自然に馴染みやすいと言われています。そんなブルベの方におすすめのブラウンリップが、コスパ王CANMAKEの『T04 チョコレートリリー』

ぱっと見ブラウン感がすごく大丈夫かなと思ってしまいますが、唇に乗せてみると優しい発色でピンク味がかったブラウンになっています。重ね塗りすることで色も濃くなるのでその日の気分に合わせて濃さを調整することができます。

イエローベース肌


イエローベース肌に合うと言われているリップカラーはオレンジ系の色と言われています。ブラウンも合う色の一つとして挙げられているので、ブルベに比べてブラウン系のリップ選びは簡単に思えますが、そんな中でもおすすめなのがセザンヌの『ラスティンググロスリップ101』

先程紹介したCANMAKEとは違い赤みがかったブラウンで大人っぽさと、透け感のある上品な印象でシーンを選ばず使うことができます。

タイトルとURLをコピーしました