暑い夏でも崩さない。マスクメイクの方法・順番・コツを徹底解説!

ビューティー

まだまだマスクが手放せないこの夏。マスクをしていると、蒸れや湿気でメイクが崩れがちに…。じつは、マスクメイクは、コツと順番を押さえればメイク崩れを抑えることができるんです!今回は、そんなマスクメイクについて徹底解説しちゃいます♡

どうしてメイクが崩れやすいの?


マスクをつけた際に化粧が崩れてしまう原因は湿気、摩擦、乾燥の3つです!湿気と摩擦は分かるけど、乾燥ってどういうこと?って思いますよね。実は、マスク着用中にお肌に付着した水分は、マスクを外す際に一気に気化しています。外したときに急速にその湿気が乾くことで必要以上に水分を蒸発させてしまい、お肌が乾燥状態となってしまうのです。
マスクメイク時には、湿気や摩擦以外にも、乾燥にも気を配らないといけないんです。

マスクメイクのためのスキンケアの方法!

マスクメイク崩れを起こさないためには、まず化粧前のスキンケアが重要となります。肌の調子を整えた状態でないと、どうしても化粧崩れを起こしやすくなってしまいます。

朝の洗顔は石けんや洗顔フォームを使おう


朝の洗顔は水でさっと洗うだけ、ホットタオルで拭くだけなど、簡単済ませている方も多いと思います。しかし、みなさんは寝る前に化粧水や乳液などを塗っていますよね。乳液などの油分は朝起きたときも顔に残ったままなので、朝にしっかりと落とさないと毛穴に詰まって肌荒れや化粧崩れの原因となってしまうんです。そのため、朝の洗顔は石けんや洗顔フォームなどでしっかりと洗うよう心がけましょう。

スキンケア用品はつけすぎない


洗顔でお肌の調子を整えた次は、化粧水や乳液を塗っていきます。この時に注意してほしいことは「つけすぎない」ことです。少しでもお肌の調子を整えようと化粧水や乳液をたくさんつける方がいますが、化粧前のこの行為はNG。特に、油分を含んだ乳液を多くつけてしまうと化粧下地とうまく馴染むことができず化粧崩れの原因となってしまうんです。化粧水・乳液はあくまでも「必要最小限」を意識しましょう。

スキンケア後すぐに化粧をしない


スキンケア後にすぐベースメイクに取り掛かってしまうと、お肌に馴染んでいない水分や油分と、化粧下地が混ざり合ってしまい化粧がヨレやすくなります。朝は時間がなく化粧を手早く終わらせたいという方もいるかもしれませんが、スキンケア後最低でも2~3分待ってから化粧を行うと化粧ノリが良くなり、化粧崩れを軽減することができます。

マスクメイクのためのベースメイクの方法!

スキンケアが行えたらいよいよマスクメイクに取り掛かりましょう!最近では、プチプラでもたくさん汗をかく夏にぴったりの化粧崩れ防止下地や、乾燥崩れに強い下地などを手に入れることができます。自分の肌タイプに合った下地を選ぶことでベースメイクの密着度をより上げることができますよ!

化粧下地は薄く塗る


化粧下地は多く塗りすぎると化粧崩れの原因となります。そのため、普段から厚塗りはしない方が良いですが、マスクをすることで更にメイクがヨレやすくなるので、普段使っている量よりも少なめで薄く丁寧に塗り広げるようにしましょう。

下から上に向かって塗ると密着度アップ!


化粧下地を乗るときに塗り広げる方向を気にしていない方は多いですが、毛穴の広がりが気になっている方は下から上に向かって塗ると、下地が毛穴にしっかりと密着するので毛穴カバーを行うことができます。またこの毛穴をきちんとカバーすることで化粧崩れを防ぐことにも繋がるんです。

パウダーは最後につける


ベースメイクを完成させる順序としては、基本的に
<スキンケア→化粧下地→コンシーラー→パウダーファンデーション>
です。しかし、リキッドファンデーションの場合は
<スキンケア→化粧下地→リキッドファンデーション→コンシーラー→フェイスパウダー>
の順になります。パウダーの後にリキッドやクリームタイプのものをつけるとヨレてしまうので注意しましょう。

タイプの違う下地を組み合わせるのもGOOD

鼻周りや口元だけ化粧崩れがしやすいという方はその部分だけ下地を変えてみましょう。特に鼻周りは油分の多い部位なのでテカリ防止に特化した下地を使うと化粧崩れを防ぐことができますよ。

マスク崩れしないオススメのスキンケア用品と下地はこれ!

アベンヌウォーター


スプレータイプなので使いやすく、手が汚れていても簡単に保湿することができます!なんと生後3カ月の赤ちゃんでも使えるほど低刺激。敏感肌からオイリー肌までどの肌タイプの方でも使えます。キメが細かいので肌に浸透しやすく、とろみのある化粧水をつける前にプレ化粧水として使う方法がおすすめです。

QuSomeローション(ビーグレン)


とろみのある化粧水で、長時間潤いが続くため乾燥肌の方やお肌のごわつきが気になる方が多く愛用している化粧水。とろみのある化粧水ですが、べたつきはなく、サラッとした肌感を持続させることができます。

フィトチューンリファイニングソフナーER(コスメデコルテ)


あまりべたつきがなく、しっとりとした肌に導いてくれます。肌をふっくら柔らかくさせるので化粧ノリが良くなると人気の商品です。

セザンヌ皮脂テカリ防止下地


皮脂吸着パウダーが皮脂を吸収するので、塗ったあとの肌はサラッとしており、長時間テカリを抑えてくれます!液状なのでムラになりにく<く/span>、化粧崩れを防いでくれます。

セザンヌ皮脂テカリ防止下地保湿タイプ


皮脂テカリ防止下地シリーズの新商品で、テカリを抑えつつ保湿力にも優れている下地。従来のテカリ防止下地はテカリの原因である油分を抑えてくれる分、肌が乾燥するといった悩みも多く乾燥肌の方にはおすすめされていませんでした。しかしこちらの新商品は保湿も特化しているので、乾燥肌の方はぜひこちらの商品を試してみてはいかがでしょうか。

プリマヴィスタ皮脂崩れ防止化粧下地


汗や皮脂に強く、長時間サラサラな肌をキープしてくれます。保湿成分も配合されており、乾燥肌の方でも使うことが可能です。

プリマヴィスタパウダーファンデーション


汗や皮脂に強いことに加え、キメが細かく密着度が高いため頬の毛穴や小鼻もカバーしてくれます。粉っぽくならず自然な仕上がりです。

おすすめの組み合せを大公開♡

おすすめのスキンケアの組み合わせ!


ビーグレンのQuSomeローション(化粧水)に、コスメデコルテのフィトチューンリファイニングソフナーER(乳液)を合わせると、べたつかずに保湿性が高い肌をキープすることができます。さらに保湿性を高めたい方は、アベンヌウォーターを化粧水の前につけることで、導入剤の役割を担ってくれるので化粧水をよりお肌に浸透させることができますよ。



マスクメイク崩れが怖くない!オススメのベースメイクの組み合わせ


崩れにくいベースメイクを作りあげるためには、下地とファンデーションはできるだけ同じメーカーで揃えることが望ましいです。同じメーカーだと化粧品の相性が良いため、仕上がりが綺麗で長持ちしやすくなります。プリマヴィスタの皮脂崩れ防止化粧下地は汗や皮脂に強く、テカリを抑えてくれますが、保湿性にも優れているためマスク崩れの原因の一つである乾燥にも効果的です。この商品にプラスしておすすめしたいパウダーは、同じメーカーであるプリマヴィスタのパウダーファンデーション。これらを組み合わせて使用することで皮脂崩れ防止に特化しながらも保湿性を備えたベースメイクを作ることができます。


今年の夏はマスクでも崩さない!

いかがでしょうか?まだまだマスクが手放せない夏。ふとマスクを外した時に、ドロドロのメイクじゃ気分も下がってしまいます…。崩さないメイク方法を身につけて、今年の夏は崩さないメイクで乗り切りましょう♡

ビューティー
この記事をシェアする
よく読まれている記事
Fiache.
タイトルとURLをコピーしました