【一重さんのアイメイク】失敗しないコツを教えます!

【一重さんのアイメイク】失敗しないコツを教えます!ビューティー

一重まぶたがコンプレックスの方は、メイクの中でも目元メイクに苦戦していたり、目が大きくなりたい!大きく見せたい!と、今まで色々とチャレンジして頑張ってきた方も多いと思います。今回は一重さんでもアイメイクを成功させるコツをご紹介します。

1.アイシャドウをのせる位置


一重さんがアイメイクをする時、目を閉じた状態でアイシャドウを乗せても、目を開けてみるとカラーが埋もれて見えないということになりがちです。目を開けた時に少しカラーが見えるくらいまでしっかりとアイシャドウを乗せましょう。濃い締めカラーのアイシャドウNG!びっしりとまぶたを塗りつぶしてしまうと、不自然感が出てしまいます。ベースカラーをアイホール全体に乗せ、締めカラーをグラデーションにするイメージで、まぶたのキワと、目を開いた時に見える位置に影を書くようなイメージで乗せると自然です。

2.アイラインは目尻を長めに

アイメイクの中でも特に印象がぐんと変わりがちなのがアイラインです。一重さんがアイラインを書く際、アイシャドウ同様に不自然に太く書いてしまいがちですが、それはかえって逆効果。特に黒のアイラインで太く書くことで、「怖い」という印象を持たれてしまいます。ナチュラルに仕上げるには、まつげの間を自然に埋めるように、かつ目尻を少し長めにラインを書きましょう。一重さんのアイラインは、見えるところに重点を置く意識でOK。見えない部分はあくまで隠し味的に使いましょう。

3.まつげをしっかり上げる


一重さんはアイメイクの仕上げにビューラーでまつげを上げても、すぐに下がりがちです。不自然なほど無理に上げる必要はありませんが、まつげが上がっている方が縦にも目を大きく感じてもらえます。根本だけ上げても下がりがちですので、ビューラーで上げる際に目元から毛先まで、何段階かに渡って上げましょう。そうすることで、くるんと自然なカールが作れます。マスカラ下地を使ったり、カールキープ力の強めのマスカラを使うのもオススメ。少しでも下がりにくくなるように、下準備をしっかり行いましょう。ロングタイプのマスカラでまつげの長さを印象付けるのも良いですよ。

4. 下まぶたのメイクを上手く活用


一重さんがアイメイクをする際、まぶた側に印象的なカラーを使っても見えずに印象に残りにくいのが悩みどころです。その分涙袋をしっかりとメイクしましょう。縦ラインを意識してメイクをする時に、上に大きくするよりも下に大きく見せる方が一重さんは自然。ラメで涙袋を強調したり、印象的なカラーを使いたい時は、下まぶたのキワに乗せるとしっかりとカラーが楽しめます。アイブロウやブラウンシャドウなどを使って、涙袋の陰を作るのもオススメです。

5. アイブロウは柔らかいブラウンで


一重さんは元々の印象が切れ長の目のため、アジア人的な顔立ちで意志が強そうな印象を与えます。その強い印象を和らげるポイントになるのがアイブロウ。元の毛色が黒の方でも、できればアイブロウのカラーは柔らかい色味のブラウンを使いましょう。また、できればアイブロウマスカラを使って、毛の色自体もブラウンを乗せることで、黒い毛が浮き上がらず自然に柔らかい印象になります。アイメイクというと瞳周辺にばかり意識が向きがちですが、全体の印象のバランスを取るのが大切です。「強さ」「濃さ」を引き算するイメージで、インパクトは要所に絞っていきましょう。

ビューティー
この記事をシェアする
よく読まれている記事
Fiache.
タイトルとURLをコピーしました