【春スイーツ】この春、食べたい!3000円以下のお取り寄せスイーツを教えて

ライフスタイル

春といえばお花見ですが、この季節になると桜を使ったスイーツや桜色のスイーツがたくさん発売されます。そこで今回は、店舗に行かなくてもお取り寄せできる、3000円以下のおすすめスイーツをご紹介します。



2020年、春に食べたい!3000円以下のお取り寄せスイーツを教えて



プランタンブランby花月堂の「さくら満開モンブランロール」

岩手県盛岡市にある「プランタンブランby花月堂」はロールケーキとスイーツの専門店です。厳選された素材を使い、甘さ控えめで口溶けの良いクリームに定評があり、見た目も華やかで可愛らしいスイーツが女性に大変人気です。たっぷりのいちごクリームと、桜のエキスが練り込まれたロール生地は香りも豊かで、まさにさくら満開のロールケーキです。アクセントに添えられた塩漬けの桜が、よりいっそう見た目も味も上品に仕上げています。見て食べて満足、贈り物にも喜ばれるおすすめの春スイーツです。

他のおすすめ春スイーツはこれだ!

坂根屋の「和トリュフSAKURA」

島根県出雲市にある「坂根屋」は、地元の人々はもちろん全国にファンがいる老舗の和菓子店です。できる限り地域で大切に作られた農産物を使い、素材の良さを生かしたお菓子づくりに励んでいます。「和トリュフSAKURA」は鳥取・島根の新需要創出プロジェクトである「風味絶佳、山陰」との共同開発により誕生した、さくらあんをビターチョコでコーティングしたスイーツです。甘じょっぱく大人な味わいのチョコレートで、日本茶だけでなくコーヒー、紅茶などにも合い、午後のティータイムにピッタリの一品です。

まめや金澤萬久の「金かすてら・桜」

石川県金沢市にある「まめや金澤萬久」は地元加賀、能登の農家がつくる農産物と、金箔貼りなどの伝統技術を取り入れて菓子作りを行う人気店です。見た目も味も上品な仕上がりで幅広い世代に人気があります。カステラ生地には桜葉のパウダーを練り込み、麗らかな春を感じさせる美しい色合いです。表面に貼られた金箔は蝶やさくらの形に型抜き加工が施されていて、食べるのがもったいないくらい美しいカステラです。

和楽紅屋の「エクレールラスク・桜苺」

和楽紅屋はパティシエ、ショコラティエとして活躍する辻口博啓が手がける、和や季節の素材を活かしたラスクと和スイーツの専門店です。繊細な味や新鮮な食感、見た目の美しさには定評があり、結婚祝いのお返しやお年賀など、特別な贈り物としても人気があります。エクレールラスクはエクレアをイメージしたサクサクの生地で、桜の香りの広がるメレンゲと苺のショコラクリームが絶妙な組み合わせです。パッケージもおしゃれで自分へのご褒美にもピッタリです。

御菓子司こぎくの「桜ブッセ」

静岡県浜松市にある「御菓子司こぎく」は130年以上続く老舗の菓子店で、今も昔も大変人気があります。卵をふんだんに使ったふわふわの生地に、桜葉を練り込んだ桜あん入の特製クリームをはさみ、口に入れると桜の香りが優しく広がります。日本茶やコーヒー、紅茶など様々な飲み物と相性が良く、家族や友人とのくつろぎタイムにピッタリです。また、パッケージも可愛らしいので贈り物にも喜ばれます。

 

タイトルとURLをコピーしました