眼精疲労!疲れ目解消!目が疲れたと感じたらすぐできる解消方法を教えて!

ライフスタイル

デスクワークやスマートフィンの使用など、意識しないうちにも私たちは毎日目を酷使しています。放っておくと肩凝りの原因にもなり得る眼精疲労を和らげるカンタンな方法をご紹介します。



眼精疲労!疲れ目解消したい!目が疲れたと感じたらすぐできる解消方法を教えて!



目の周りを温めてみよう!


目が疲れた時にはひと休みすることももちろん大切ですが、休憩中に目の周りを温めるとさらに疲労回復が望めます。目の周りを温めることによって血流が良くなり、じんわりと温まってゆく心地良さでリラックスできるでしょう。ただ一口に温めると言っても色々な方法がありますよね。場所や状況によっておすすめな温め方とは何でしょうか。

簡単な温める方法は?

① 会社にいる時は、温かい飲み物で!

会社でのデスクワーク中、目の疲れを感じる方も多いのではないでしょうか。そんな方には温かい飲み物を使った方法がおすすめです。温かい飲み物の入ったマグカップを両手で包み込むようにして持ち、手が温まったら手のひらを目にあててみてください。横になったり蒸しタオルを用意したりする余裕のない場面でも気軽に疲れを癒せます。温かい飲み物で体も温まるので一石二鳥です。

② 家でリラックスしている時は、蒸しタオルで!

家で休息をとっている時には、電子レンジを用いて簡単に作れる蒸しタオルがおすすめです。火傷をしないような熱さになったら、蒸しタオルを広げ、閉じた目の上に乗せます。横になりながら行うのが良いでしょう。じんわりと伝わってくるタオルの熱と心地良い重みが疲れを癒してくれます。

③ お風呂に使っている時は、手のひらを使って!


一日の疲れを癒す究極のリラックスタイムである、入浴の時間。入浴剤を入れたり、半身浴でじっくり汗を流すという方も多いのではないでしょうか。さて、そんなお風呂の時間に簡単にできる、目の疲れを癒す方法があります。湯船に入れて温めた手のひらをそっと目にあててみてください。体が温まると同時に目も温めることのできるこの方法では、敢えて時間をとって行う必要も何か特別なものを用意する必要もありません。毎日の日課の中で気軽に行えるので、「わざわざ何かしなくてはいけないのは面倒くさい」という方や、「毎日忙しいし、特別なことは続けられそうにない」という方にも大変おすすめです。

タイトルとURLをコピーしました