福岡の老舗和菓子屋「如水庵」新型コロナ収束願う SNSで話題の『アマビエ和菓子』大好評

ライフスタイル

おうち時間のおともに、今は会いたくても会えない大切な方への贈り物に。疫病退散の祈りを込めて、和菓子職人がアマビエ和菓子を謹製。

株式会社如水庵(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:森正俊)は、新型コロナウイルスの終息を願って3月よりツイッターで広まっている江戸時代の妖怪「アマビエ」の上生菓子とどら焼きを通販・ECサイトにて販売開始


疫病退散上生菓子(通信販売限定) 左からアマビエ姫、お地蔵様、アマビエ様

〜お菓子は平和の文化、家庭の平和と世界の平和に貢献する~


アマビエのお菓子

筑紫菓匠 如水庵は、4月9日より新型コロナウイルス拡大防止の観点から、直営店29店舗で臨時休業・営業時間短縮を適宜実施いたしております。 生活者の暮らしが一変し、ステイホーム(外出自粛)が続く、少しでも自宅でみんなで楽しめるように、オンラインストアを通じて「1日も早くこの事態が終息し、平穏な日々が戻るように」と祈りを込めて疫病を鎮めるといわれる妖怪アマビエの和菓子を開発し、今回の商品化に至りました。

筑紫菓匠 如水庵 商品企画担当からのメッセージ


如水庵の職人

小豆は古来より「厄災除けの力」があると信じられてきました。お彼岸におはぎ、小正月に小豆粥を食べるのも、小豆の持つ「厄災除けの力」で無病息災を願う習慣です。 北海道十勝産「生産者限定」小豆の粒あんを、疫病を鎮めるといわれる妖怪アマビエの焼印を押したふっくらとした生地ではさみました。
感染症対策などで、自宅で過ごすことの多い春ですが、疫病退散にご利益がある妖怪と言い伝えられている「アマビエ」と、地域の守り神として疫病から人々を守ってくれる存在の「お地蔵様」で少しでもほっとする時間を過ごして頂ければ幸いです。


アマビエ上生菓子デザイン画
疫病退散 アマビエ上生菓子製作秘話:https://corp.josuian.jp/lab/features/amabie-jyounamagashi/

商品詳細


商品名:アマビエどら焼
発売日:5月7日(木) 価格 :1個195円(税込)

商品名:疫病退散上生菓子(通信販売限定)
発売日:5月14日(木) 価格 :6個入1,820円(税込)

※オンラインストアで販売中 公式オンラインショップ:https://www.josuian.jp

筑紫菓匠 如水庵

古くは神社仏閣へお供物菓子を奉納する神社仏閣御供物調進所として代を重ねてまいりました。 現在も代々に受け継がれてきた伝統技法を守りつつ、温故知新、いまを取り入れながら、和菓子づくりに精進しております。 和菓子は五感の芸術と呼ばれますが、今や私たちの顔ともなりました筑紫もちや語感も楽しい、とっとーと、いちご、ぶどう、栗などの旬を包んだ季節の大福、その他にも四季折々の上生菓子など五感で楽しんでいただける和菓子をご用意させていただいております。 お客様の大切なひとときに如水庵の和菓子をお供させていただければ幸いです。

■ 会社概要
会社名:株式会社 如水庵(じょすいあん)
所在地:福岡県古賀市青柳3476-17
代表者:森正俊
創業:不明
事業内容:和洋菓子製造販売

■ 問合せ先(メディアからの問い合わせ/一般のお客様からの問い合わせ)
【お客様からのお問い合わせ先】
株式会社 如水庵
〒811-3134 福岡県古賀市青柳3476-17
電話:092-940-0052 / 受付時間 9:00~17:00 月曜日〜土曜日(日曜日・祝日はお休み)
Eメール:info@52-net.com

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
株式会社 如水庵 
担当者:福田
電話:092-410-3261 / 受付時間 9:00~17:00 月曜日〜金曜日(土曜日・日曜日お休み)
MAIL:customer@52-net.com

出典:PRTIMES

タイトルとURLをコピーしました