もうすぐ秋!サンダルはいつまで履いていいの?

ファッション

秋になると、ファッションアイテムの一つであるサンダルの扱いで悩む人もいるでしょう。いつまで履いていて良いのか分からないという人に向けて、サンダルを楽しんでいられる時期を紹介します。



もうすぐ秋!サンダルはいつまで履いていいの?



暑い間は履いても変じゃない!9月中旬から切り替えを意識してみて。

サンダルは、夏に多くの人が愛用するファッションアイテムですが、秋のいつ頃まで履いていて良いのか分からなくて悩んでしまう人が多いです。そういった人は、だいたい九月中旬から十月中旬頃にかけて切り換え時を設定すると良いでしょう。秋の季節になっても暑い日が続く事があるため、サンダル履きのやめ時を厳密に決めておく必要はありません。

秋サンダルにはこんなメリットが!

① 秋の楽しいイベントを楽しめる

秋になると各地で様々なイベントが開催されますよね。地元のお祭りがあるから友人や家族と一緒に見に行くつもりだという人も多いのではないでしょうか。子供がいる家庭では、体育祭や文化祭などが楽しみでしょう。夏も花火大会や夏祭りが多いですが、秋になっても色々なイベントが存在しています。それらのお祭りを気軽に楽しむためには、手早くさっと履いて出かけられるサンダルを玄関に置いておくと良いでしょう。

② 風通しが良いのでムレにくい

秋になっても気温が高いままで、暑い日になる事が多いです。そういった猛暑日に冬用の靴を履いて歩きまわると、足がムレてしまい皮膚の病気にかかってしまう可能性があります。水虫やあせもで悩まされるのは辛いですよね。病院でお医者さんのお世話にならないようにするためにも、暑い日にはサンダルを履いていてもよいでしょう。

③ ファッションに合わせやすい

九月頃は比較的まだ夏の暑さが残っている事が多いため、気温に合わせて夏服を着続けるならサンダルを履き続けていても大丈夫でしょう。夏服に冬用の靴は合わない事が多いですし、コーディネートを考える時も苦労してしまいます。猛暑が続くようであれば、冬用の靴に切り換えるのを見送った方が良いです。

④ サンダルの切り替えは比較的簡単!

季節の変わり目に暖房器具を出したり、毛布を取り出したりするのは大変ですよね。しかし、コートやジャケットなどを箪笥の奥から引っ張り出して冬の寒さに備えておかなければ、後が大変です。それらの事情は、四季ごとに気温の変化がある日本では仕方のない事でしょう。その中で靴は、比較的他の物より小さくて収納しやすいため、後回しにしても大丈夫です。暑い日が続くようであれば10月頃まで玄関に出しておいても不自然ではないでしょう。

ファッション
よく読まれている記事
Fiache.
タイトルとURLをコピーしました