冬の着物の防寒対策、どんなアウターを着ればいいの?

ファッション

着物を冬に着る時、そのまま外に出ると寒いですよね。とはいえ着物の場合、どうやって寒さを防げばいいのか悩んでしまいます。ここでは、着物の時の防寒対策についてご紹介します。



冬の着物の防寒対策、どんなアウターを着ればいいの?



ケープコートがおすすめ!

ふんわりとしていて身幅が広く、胸元で留める形の、袖がないケープコート、もしくはマントコート、ポンチョコートとも呼ばれるコートを着物の上に羽織ることで、冬に着物を着る時の寒さ対策ができます。着物は首回りが空いているので特に寒く感じるため、首元が詰まった、襟付きのポンチョコートであれば、さらに暖かく感じるでしょう。

ケープコートのメリット♪

①和装だけではなく洋装にも使えて便利

着物姿のラインに合わせた和装コートも販売されていますが、日常的に着物を着ない場合は買ってもほとんど出番がありません。その点、ケープコートであれば、着物の時はもちろん、洋服を着た時にも使えます。丈が短いケープコートであれば、洋装でもおしゃれのアクセントとして活躍するでしょう。色もデザインも様々なものが販売されているので、好みのものを選ぶことができるはずです。

②脱ぎ着がしやすいから楽

冬とはいえ室内に入ると暖房が効いているので着物だけで過ごせます。防寒対策で着物の下に下着などを重ね着してしまうと、室内では暑くなってしまいがち。着物の上に羽織るケープコートなら、脱ぎ着が楽なので、寒暖の差に合わせて調節がしやすいですね。また和装の場合、足元は草履に足袋が一般的ですが、洋装で言うところの靴下一枚のような状態で、室内でも意外と寒いものです。その際ケープコートを広げれば大きな布のようになり、ひざ掛けとして使えるのでとても暖かく便利ですよ。

③着物姿をカジュアルに見せてくれる

和装はきっちりした印象があり素敵ですが、一方で近寄りがたい堅苦しさがあるのも事実です。しかしケープコートを羽織ると、そのコートのデザインと形から、可愛らしい、柔らかい印象に変わります。着物だけの姿と、着物の上にケープコートを羽織った姿とのギャップは、多くの人を惹きつけるはずです。また、着物を自分なりに着こなしているおしゃれなイメージになるので、魅力的に見えるのもいいですね。

タイトルとURLをコピーしました