冷え性でも冬をかわいく過ごしたい!着ぶくれ感を防止するコーディネートは?

ファッション

冷え性にとって冬の寒さは大敵です!おしゃれな薄着ファッションを取るか着ぶくれするか天秤にかける人もいるでしょう。でも、着ぶくれせずにほっそりして見えるコーディネートがあります。



冷え性でも冬をかわいく過ごしたい!
着ぶくれ感を防止するコーディネートは?



ダーク系の統一コーデ


体を暖かくして冷え性対策もおしゃれも楽しみたい!両方のいいとこ取りが出来るのがダーク系の統一コーディネートです。着る服の色をダーク系に統一することで、白っぽい色を着た時に感じやすい膨張感を防ぎ、スッキリと見せてくれる優れたコーディネートです。厚手のコートを着込んでいても、黒や紺であれば全体的に統一感を出すことができるのでおすすめですよ。

ダーク系のほっそりコーデで大人っぽく見せる


黒や紺は冬場に大活躍するダークコーディネートに欠かせない色です。これらの色は全体的に引き締めてほっそりして大人っぽく見せる効果をもたらすというメリットがあります。多少厚手の生地の洋服を来ていても、全体の統一感があり、バランスが取れてさえ入れば、着ぶくれをしているようには見えない魔法のアイテムです。冷え性に悩んでいる人は、冬場は明るい色を避けて、シックで大人っぽいダークコーディネートで決めてみてはいかがでしょうか。

ショート丈のダウンコートなら冷え性対策もバッチリ


冷え性対策で手放せないのがダウンコートです。でも、ダウンコートは着ぶくれ感を感じやすい代表格です。そこで、ロングコートではなく、ショート丈のダウンコートを選びましょう。トップスにボリュームを出すかわりに、ボトムスはスッキリとした細身のダーク系をあわせてバランスを考慮します。ショート丈のダウンコートなら、女の子らしさをアピールできるワンピースとブーツの相性も抜群ですよ。

細身のボトムスで引き締め効果


着ぶくれず、それでいて冷え性対策もできるコーディネートのポイントは、ボリュームのあるトップスを着る場合は、ボトムスは必ずダーク系の細身アイテムにして引き締め効果を狙うことがポイントです。細身のスキニーパンツなら、厚手のコートやセーターを着込んでいても、全体をスッキリとバランス良く見せてくれます。冬の定番のブーツも、ボリュームのあるトップスのときにはあえてショートブーツを選ぶことで、オシャレ度をぐっと高めてくれます。

タイトルとURLをコピーしました