周りと差がつく!スーツで出来るワンポイントオシャレの方法を教えて!

ファッション

仕事に欠かせないスーツですが、そのまま着ただけでは地味になってしまいがちです。少しでもオシャレに見せるワンポイントをどのように設けていくのか、チェックして生かしていきましょう。



周りと差をつける!スーツで出来るワンポイントオシャレの方法を教えて!



スカーフやブローチなどの小物を合わせてみて♪


小物を取り入れてワンポイントを作っていくのがおすすめです。スーツは同じものでも、合わせる小物を変えることによって印象が大きく変わります。スーツに合わせやすい小物としてスカーフやブローチが挙げられます。スカーフなら襟もとに沿わせたり、ネクタイやリボンのように結んでつけたりという形で大きな変化を付けることも出来ます。

小物を取り入れるメリットは?

① 選べる色柄が多く変化が付けやすい

スーツ自体は色柄のバリエーションが少ないので、地味に見えてしまいがちです。そこにスカーフやブローチで色や柄をワンポイントとしてプラスしていくことで、全体のイメージに変化が付きます。その時の季節や気分、顔色などによって合う色は変わってきます。小物であれば数多くそろえていくことが出来ますので、その時の自分に合ったものを選んで身につけやすいのです。

② シーンに合わせて変えられる

一日の間でも様々な場面があります。華やかに見せたい場面、しっかり見せたい場面など、その時によって求められる印象が異なることもあるのです。そのたびに服装全体を変えるという事は難しいですが、小物であれば一日の間に取り換えるという事が可能です。付けるのか、外すのか、付ける物を変えるのかなど、好きなタイミングで変えることが出来ますから、様々なシーンに対応する必要がある方にとっては大きなメリットとなります。

③ アレンジもしやすい

小物であればアレンジがしやすいという事も大きなメリットとなります。スカーフであれば、肩に大きくはおってスカーフの柄を見せるようにすることも出来ますし、襟もとで少し覗く程度にすることも出来ます。同じアイテムでも取り付け方によって全く違うアレンジが出来るのです。首元で結ぶ場合も、華やかにしたりシンプルにしたりと形を選ぶことも出来ます。ブローチでスカーフを止めるようにつけることも可能で、小物同士を合わせたアレンジもできるのです。同じアイテムでも使い方によって全く違うイメージを作り上げることが出来ます。

タイトルとURLをコピーしました