まつエクをしているときでもアイプチしたい!上手に二重にする方法は?

ビューティー

まつエクをした後に、アイプチがしたいという人も多いですよね。ですが、まつエクをしている時のアイプチはまつエクにダメージを与えてしまう可能性があります。そこで、今回はまつエクへのダメージを少なくするアイプチ方法をご紹介します。



まつエクをしているときでもアイプチしたい!上手に二重にする方法は?



糊タイプを避け、シールタイプを使う


まつエクをした状態でにアイプチをする時は、糊タイプではなくシールタイプを使いましょう。そしてアイプチを使う前には、まつエクに触れないようにしましょう。シールを貼ったらプッシャーで押さえます。この時に指を使って押さえるとまつエクに触れてしまう可能性があるので、必ずプッシャーで行ってください。そして、シールタイプのアイプチを剥がす時には、無理に引っ張らないように気を付けましょう。

どうして糊はダメなの?

まつエクの劣化につながる。

まつエクをした後にアイプチをするという時には、糊タイプは避けなくてはいけません。なぜなら、糊タイプのアイプチはどうしてもまつエクに付きやすくなってしまいます。そして、糊タイプのアイプチは取る時には必ず糊を洗い落とさなくてはなりません。どれだけ気を付けて洗ってもまつエクを避けて洗う事は不可能ですよね。シールタイプの場合、シールを剥がすだけなので、まつエク自体への負担はありません。

まつエク×アイプチの効果は?

くっきり二重

まつエクをつけると目が大きく見えるのは、まつエクをつける事により、まぶたがグッと上がるから。ですが、まぶたはグッと上がったものの線が薄いとなかなか二重に見えなかったり、一重の場合はまぶたが重そうに見えてしまいます。そこで、アイプチを一緒に使う事がおすすめです。アイプチで更にまぶたを押し上げて、ハッキリくっきりとした二重まぶたにする事を可能にするのです。まぶたが重く見える時にはおすすめです。

デカ目効果

まつエクとアイプチを一緒に使う事は、ナチュラルにデカ目にする効果を倍増させます。メイクが禁止されていたり、汗がかきやすい季節になるとどうしてもアイメイクは落ちやすいのでストレスになってしまいますよね。ですが、まつエクとアイプチを組み合わせる事でナチュラルに目をデカ目に見せてくれるんです。特別な日にはまつエクとアイプチで、自然にナチュラルなデカ目を演出しましょう。普段よりもゴージャスな印象に見せる事が出来るようになり、普段のイメージをガラッと変えてくれます。

タイトルとURLをコピーしました