薄いくちびる×イエローベース肌に似合うリップの色と形は?

ビューティー

日本人の肌はイエローベースの方が多いです。手首の血管の色が緑色に見え、シルバーよりゴールドのアクセサリーがなじむ方ならイエローベースと言えます。では今回はイエローベース肌で薄い唇の方に似合うリップの色と形をご紹介します。



薄いくちびる×イエローベース肌に似合うリップの色と形は?



コーラル系やオレンジ系のリップにリップライナーとグロスをプラス


イエローベース肌の特徴は、雰囲気が柔らかでフェミニンな感じを与えることです。リップの色を選ぶ際は顔色を明るく見せてくれることを目安に選びましょう。おすすめの色はコーラル系やオレンジ系です。薄い唇に厚みを持たせるには、リップよりワントーン暗いリップライナーで口角を縁取りましょう。トレンドのイエロータイプのグロスを中央に重ねれば、ぷっくり厚みのある唇が演出できます。

ワンポイントアドバイス!

場所に合った魅力的な唇を演出


イエローベースのお肌は黄みがかっているので反対色を当てるより、リップの色も黄みがかったイエローベースのものを選ぶことで、より魅力的な唇を演出できます。コーラル系やオレンジ系、ベージュなどの暖色系や、イエローがかった赤やピンクがおすすめです。
たとえば、お仕事や普段使いならイエローがかったピンクであるサーモンピンクをチョイスしてみましょう。顔色もよくなって元気に見え、華やかな印象を与えてくれます。
また、イエローベース肌にはオレンジ色がとてもよく似合います。合コンや飲み会、女子会など、思い切り弾けたいとき、オレンジのリップがおすすめです。

リップライナーで口角に縁取りを


薄いのが悩みの唇を、ぷるんと厚みのある唇に仕上げたいときはリップライナーを使いこなしましょう。選んだ色のリップを塗ってから、それよりワントーン暗いリップライナーで輪郭を描くとラインがはっきりして色もちも高まります。
唇を厚く見せたいときに注目してほしいのが口角です。リップを全体に塗ったら軽く口を開け、リップライナーでサイドや口角までしっかりと塗っていきます。口角に縁取りを入れて、埋めてあげることで、口角が上がって見え、自然と微笑んでいるように見えるので、印象もアップします。

イエローベースのグロスを中央だけに重ねづけ

グロスはリップのアレンジに最適なアイテムですが、中央にだけ重ねづけをすることで、唇がふっくらと見える効果が期待できます。ベージュ系のリップにイエローベースのグロスを合わせると、唇がぷっくりと見え、ツヤと明るさが出て元気な印象をプラスしてくれます。
また、ラメがたっぷりと入ったパール系グロスなら、全体にひと塗りすることで華やかさが高まり、薄い唇をカバーできるのが便利なアイテムです。

タイトルとURLをコピーしました