ピンクを取り入れたおすすめの秋メイクを教えて!

ビューティー

秋テイストのメイクにピンクを取り入れるといえば、ピンクブラウンのアイシャドウなどがよく挙げられます。今年風に取り入れるとしたら、どんな風にメイクを楽しめばいいのでしょう?



ピンクを取り入れたおすすめの秋メイクを教えて!



アイラインにピンクを取り入れて今風に。


落ち着いたトーンの色味が多い秋メイクに取り入れやすいのはカラーライナー。ピンクのカラーライナーは目元にちょっとした華やかさとかわいらしさをプラスしてくれます。ちょっとびっくりするようなネオンカラーのピンクなら目尻に入れるだけで垢抜けた印象の今風メイクに。カラーライナーは簡単に取り入れられるおすすめアイテムです。

ピンクアイライナーを使うときのポイント♪

①明るめのピンクで目元を華やかに


秋のトレンドカラーといえば定番のブラウン、バーガンディ、カーキから、今年はモーブ、ブラックといった色味が注目されています。そして、どの色味もトーンダウンした深みのある色。秋らしい深みのある目元は、ファッションにもなじみやすいですよね。ただ、どうしても気になるのが、少し暗く見えてしまうこと。また、目元がきつい印象に見えてしまうこともあります。そこで、華やかなピンクのカラーライナーを目尻にオン!たったこれだけで、秋色のアイシャドウも明るい印象になるから不思議です。思い切って明るめのピンクライナーを是非仕込んでみてください。

②ポイントライナーでメリハリを

目頭から目尻まで引くなら、肌になじみやすいピンクのライナーがいいでしょう。華やかなピンクのライナーを全体に引くと少し子供っぽく見えてしまうかもしれません。メイクの引き算ではないですが、華やかなカラーならポイントを絞って引いてあげることで、目立つカラーをおしゃれに使いこなすことができます。大人メイクにカラーライナーを取り入れる大切な要素ですね。瞬きをしたとき、ちらっとピンクのライナーが見えたら、きっととてもおしゃれですよ。

③ライナーの二色使い


「明るい色のライナーを引くと目が小さく見える気がして…」と思っている方はいませんか?全ての人に言えるわけではありませんが、確かに淡い色や膨張するカラーのライナーは目を小さく見せてしまうことはあるようです。そんな時はライナーの二色使い!いつも通りブラックやブラウンなどのアイライナーでしっかり目元を引き締めてから、その上側に引きましょう。なじみやすいピンクなら、全体に引いてアイシャドウの締め色のように使ってもすてきですし、華やかなピンクなら目尻を中心にのせると目元をぱっちりさせながらトレンドを取り入れることができます。


ないものはない!お買い物なら楽天市場

タイトルとURLをコピーしました