一重さんが挑戦するハーフメイクのやり方を教えて!

ビューティー

清涼感のあるスッキリとした一重は魅力的ですが、外国人のようなぱっちりとした彫りの深い目元に憧れている方も少なくないはず。今回は、一重の方でもできるハーフメイクのやり方をご紹介します。



一重さんが挑戦するハーフメイクのやり方を教えて!



彫りの深い目元と眉毛を意識して。

ハーフ顔の特徴は彫りの深い目元。まぶたに自然な陰影を作れるブラウン系のアイシャドウを濃淡二色使いし、同じくブラウンのアイラインを引けば、ナチュラルなグラデーションが生まれて立体感のある目元に。ハーフ顔を目指すなら眉毛もポイントです。髪色に馴染むブラウンを選び、眉毛の下側を埋めるように仕上げましょう。

ハーフメイクのポイント♪

① 目元はブラウンで統一

一重さんの場合、アイラインは太めに引く方が目を大きく見せることができます。しかし、このとき「黒」を使うと目元が少しきつい印象になる場合が。「茶色」なら太めにラインを入れても目元の印象は優しいままで、色素薄めのハーフ顔にぐっと近づけます。


また、ハーフメイクのときは、アイシャドウはいつもより少し濃いめにした方が彫りの深いメイクが完成します。アイシャドウも同じくブラウン系をチョイスして、上まぶたでグラデーションを作るように濃い色から淡い色へシャドウを入れましょう。淡いブラウンで下まぶたにもシャドウを入れてあげれば目を大きく見せる効果も。立体感のある目元を作れます。

② 彫りの深さを再現するポイントは眉メイク

ハーフ顔メイクと言えば目元のメイクに注目が集まりがちですが、実は眉メイクも大きなポイント。彫りの深い顔立ちは、目と眉毛の間隔が狭いことが特徴です。これが再現できれば、ぐっとハーフ顔に近づくことができます。眉毛の下側を埋めるように書き足し、少し太めに眉を仕上げます。このとき、黒髪さんも髪色より少し茶色寄りのアイブロウを使う方が抜け感を出せます。

③ リップは思い切って派手なカラーをチョイス

ハーフメイクのときは、リップは思い切って発色のいいカラーを使う方が顔に立体感が出せます。リップライナーで唇の輪郭を描くと、厚めで存在感のある唇に。目元をブラウンで統一すれば、アクセントとして入れたリップのカラーがより引き立つことになるので、顔全体に立体感が生まれ、憧れのハーフ顔により近づけます。

タイトルとURLをコピーしました