平行眉の上手な描き方を教えて!

ビューティー

つい男子が守ってあげたくなる表情が作れる『平行眉』。「下がりすぎてしまう」「太くなってしまう」など難しいイメージですが、コツをマスターすれば意外と簡単にできてしまいます!



平行眉の上手な描き方を教えて!



コツはずばり「アイブロウペンシルを定規にすること」!

失敗しないポイントはアイブロウペンシルの使い方にあります。太く真っ直ぐ引くコツ、それはズバリ『アイブロウペンシルを定規にすること』。しっかり直線を測ってガイドラインにすることで、誰でも簡単に・そして短時間で平行眉ができてしまうのです。では、一体どうガイドラインを測るのでしょうか?方法の解説、その他にもちょっとしたコツをご紹介します。

描き方のコツを解説♪

① 眉頭と眉尻の目安は下にあり!

眉頭と眉尻にアイブロウペンシルを橋渡しすることは、なんとなく想像がつくでしょう。では、どこを基準に測れば良いのでしょうか?キーワードは『下』。眉頭の『下』・眉尻の『下』にペンシルを橋渡しにします。すると自然な形の直線が見えてきませんか?これがあなたの眉の形に合った平行眉のガイドラインとなります。

慣れるまでは、薄めにラインを引く→ペンシル定規を当てる→また薄くラインを引く…と繰り返して、自分に合った平行ラインを見つけてください。鏡から離れて遠目で確認すると、更に顔全体の雰囲気が掴みやすいですよ。

② 同じ太さを意識する

平行眉の特徴である『同じ太さを保つ』というのは大きなポイントです。眉尻にかけて細くしてしまうと、下がり眉になってしまい、平行眉とまた違った出来上がりになります。『同じ太さ』を気にかけるだけで、イメージは変わってくるので注意して引いてみましょう。

③ 自眉のお手入れも忘れずに

上記のポイントも押さえた上で、更にグッと美眉に近づくのが日々のお手入れ。ですが、平行眉を保ったお手入れは難しそうですよね。それもポイントを押さえると意外と簡単なのです。ぜひ実践してもらいたいのは、『アイブロウを引いている時のムダ毛処理』。上手に平行眉を引けた日は、そのままお手入れをしてください。

特に、お出かけやお仕事から帰ってきた、メイクOFFをする前がおススメです。うまく引けた平行眉をガイドにして、長くなった眉毛を切ったり、はみ出ている部分を剃ったりしてください。これだけで、自眉が平行に近づき、毎朝平行眉が描きやすくなりますよ。

タイトルとURLをコピーしました