一重さんにおすすめな冬のアイメイク方法は?

アイメイクにお悩みの人が多いのがこの一重さんタイプ。腫れぼったく見えたり、アイラインが埋もれたり…。今回は、もっさりせずにオシャレに見える冬のメイクの方法をご紹介します。



一重さんにおすすめな冬のアイメイク方法は?



大胆にがっつりカラーメイク!


冬は寒さの影響から顔色が悪く見えがちです。なので「がっつりカラーメイク」にすることがポイント。一重さんにはデカ目効果もあり、断然おすすめの方法です。自分の肌や、ファッションに合ったカラーを多めに入れることで、オシャレ度をアップさせつつ、顔色を良く見せる効果があります。コツを解説するので、ぜひ試してみてください。

がっつりカラーメイクのポイント♪

①自分に合ったカラーを探す


『パーソナルカラー診断』という言葉を耳にしたことはありますか?「イエローベース」「ブルーベース」の2つに分けられ、更に春夏秋冬の4種類に分類されます。これは、個人の肌や目・髪の色から似合う色を判別する診断で、化粧品選びにとっても役立ちます。がっつりカラーメイクを実践するなら、自分に似合った色というのが最重要。似合わない色でカラーメイクをしても、派手に見えたり・腫れぼったく見えたりと難ばかりです。ぜひ自分に合った色のアイシャドウをチョイスしてくださいね!
〇セルフチェック方法「私の肌色はどれ??」
https://fiache.jp/2190930-2/

②ぱっちり見せたい時は「カットクリース」

参考:mirainista
「カットクリース」は二重の影を意識してアイシャドウを入れるメイク方法です。単色シャドウでもグラデーションパレットでも方法は同じですが、理想の二重幅の位置に濃く(もしくは濃い色で)線を引き、そこから薄く(もしくは薄い色で)アイシャドウを伸ばしていきます。この時、グラデーションにすることでよりリアルな二重風メイクができます。一重でもアイプチを使わずに二重風にできるので、まんまるぱっちりアイメイクをしたい方にはおすすめの方法です。

③大人っぽくなりたい時は「目じりにポイント」

大人っぽいメイクに仕上げたい場合は、濃いめのカラーをがっつり目じりに入れてしまうのもおすすめです。目じりを一番濃く、目頭にかけて薄くなるようなグラデーションを意識して色を乗せます。あまりにも目じりにポイントを置きすぎると、コスプレっぽくなってしまうので注意が必要です。この時、ラメの入った暖色のカラーを選ぶと、冬の顔色の悪さもしっかりカバーできますよ。アイラインは黒か濃い茶色で長めに引くと良いでしょう!

タイトルとURLをコピーしました