一重っぽい奥二重さんに似合うアイメイク方法を教えて!

ビューティー

雑誌のアイメイクを真似したいと思っているあなた。それは、あなたの目に合っていますか?真似するだけでは、かえって目が小さく見えてしまう事も。一重・奥二重に適したアイメイクを習得しましょう。



一重に見える奥二重にオススメのアイメイクを教えて!



目尻側だけにアイラインを引いてみよう!

一重・奥二重のアイメイクのポイントは、「アイラインの入れ方」です。一重・奥二重共に、目尻側だけにアイラインを引くことをおすすめします。目尻から目頭までガッチリアイラインを引いている場合は、ぜひ、引き算メイクを試してみてください。目尻のアイラインによって抜け感が生まれ、目の大きさを強調する効果が期待できますよ。
目尻のアイラインを取り入れると、目をぱっちり見せる効果だけではなく、おしゃれも楽しむことができます。

目尻側だけにアイラインを引くメリットは?

① 目の幅を活かせる

まず一重の場合、”見えるところに長めのアイラインを引く”ことがポイントです。せっかく目頭からアイラインを引いても、目を開けたときに埋れてしまえばアイラインの効果は軽減してしまいます。目尻に長めのアイラインを引けば、目を開けたときに確実に見えるアイラインになるので、目をぱっちり見せる効果も大!奥二重の場合も、目尻にポイントを置きましょう。このときに、二重幅を埋めずに、まつげの間を埋める程度の細いアイラインを引くことを心がけてください。一重と同様に、長めにすることでおしゃれ感が増すので試してみてはいかがでしょうか。

① クールもキュートも自由自在

目尻に引いたアイラインを跳ね上げるか、自然に流すかによって顔の印象を変えることができます。角度によって驚くほど印象が変わるので、思い切って跳ね上げたり、垂れ目を意識したりと、自分に合った角度を探してみてください。メイクもコーデによって、変えてみるのはどうでしょうか。

② ポイントメイクも取り入れやすい

難しく思えるポイントメイクですが、一重・奥二重はポイントメイクを取り入れやすいんです。目尻のアイラインで、ぱっちりな目元を演出できたら、カラーメイクを楽しんでみませんか?カラーシャドウや、派手めな色のアイラインでも、目尻だけに使用すれば、取り入れやすくなります。特別なイベントの時は、いつものアイラインにラメラインを重ねるのもおすすめです。TPOに合わせた色遊びを楽しめるのも、目尻にポイントを置いたときのメリットですね。

タイトルとURLをコピーしました