【肌質タイプ別】敏感肌さんが気を付けたい肌トラブルを教えて!

ビューティー

肌質には様々なものがありますが、刺激に敏感な敏感肌の場合はトラブルがつきものです。どのようなトラブルがあるかをチェックし、早めに気づいて対策がとれるようにしましょう。



【肌質タイプ別】敏感肌さんが気を付けたい肌トラブルを教えて!



肌への強い刺激や継続した刺激による肌荒れ!


敏感肌の場合、刺激を受けると肌がピリピリしたように痛みを感じたり、かゆみを感じたりということが起こりがちです。刺激を取り除くことで症状を抑えられることもありますが、刺激が強かったり継続していたりすると、肌が傷つき、肌荒れという大きなトラブルに発展してしまう事もあるのです。トラブルが小さいうちに対処できるようにしましょう。

肌荒れの原因になるものとは?

① 化粧品が原因になることも


肌の痛みやかゆみ、かぶれなどの原因としてまず疑うことになるのが化粧品による刺激です。新しい化粧品を使う際にトラブルになることが多いので、そういった時には目立たない部分でパッチテストなどを行って肌との相性を見てから使用する必要があります。既に使っている化粧品でも、敏感肌の場合にはある日突然刺激を感じることもあります。そのまま使い続けることで肌荒れが進むことも多いので、いつもの化粧品でも違和感を感じたら使用を控えるようにしましょう。

② 紫外線に反応する場合も


紫外線が刺激となってしまう事も多いです。外出時には肌に合った日焼け止めを使用するなどして、紫外線によるダメージを減らしていきましょう。日焼けがひどくなるとやけどをしたときのように肌が傷ついてしまい、修復まで多くの時間を必要とすることになります。ダメージを受けてから対策をとることが難しいので、事前にどれだけ準備をして対策が取れるかが重要になります。曇りの日でも紫外線が強いことがありますので注意しましょう。

③ 乾燥や汗にも注意


冬は空気が乾燥しがちですし、夏は汗をかいてしまいがちです。そういったことも敏感肌にとっては大きな刺激となります。乾燥して肌に見えない大きさの傷ができ、痛みやかゆみにつながることもありますし、汗に含まれる成分などで刺激を受けてしまうことがあるからです。乾燥を防ぐために保湿ケアに手をかけるようにしたり、汗をかいたらきちんとふき取るように心がけたりなど、出来るだけ刺激をおさえるように努めておきましょう。”

タイトルとURLをコピーしました