くさい臭いを撃退!こたつを清潔に保つ、普段から出来る工夫を教えて!

ライフスタイル

冬の暮らしの必需品とも言えるこたつですが、汚れやすい欠点もあります。こたつは掃除に手間がかかる形状なので、日頃から清潔に保つことが重要です。冬を快適に過ごすために、こたつを清潔に保つ工夫をご紹介します。



くさい臭いを撃退!こたつを清潔に保つ、普段から出来る工夫を教えて!



使用時以外はこたつ布団を巻き上げておく!

こたつが汚れないようにするには様々な方法があります。その中でも簡単で効果的な方法は、使用時以外はこたつ布団を巻き上げておくことです。この方法なら特別な道具は不要で、誰でも手軽に行うことができます。こたつのサイズも問わない他、お金もかかりません。ひとり暮らしから大人数の家族世帯に至るまで、あらゆるライフスタイルに適した方法と言えます。

こたつ布団を巻き上げておくメリット♪

① 通気性が保たれる

こたつが暖かいのは布団を被せることで気密性を向上させているためです。熱気が外に逃げない利点がありますが、その一方でこたつの内部に汚れた空気が溜まってしまいます。空気が汚れると雑菌が繁殖し、こたつの内部が不潔になってしまうのです。カビや悪臭が発生する可能性もあるので、電源を入れていない状態のこたつは布団を巻き上げて風通しを良くしておくのが正しい扱い方になります。空気の入れ替えによって内部が汚れるのを防ぐことができるのです。

② 日差しに当たることで殺菌効果が期待できる

室内に入り込む日差しに含まれている紫外線には殺菌作用があります。こたつ布団を巻き上げて内部に日差しが入り込むようにすることで、繁殖した雑菌を退治することができるのです。日差しを広く当てるためにこたつを動かす必要がありますが、その手間をかけるだけの値は十分にあると言えます。

③ 湿気が溜まるのを予防できる

こたつの内部が不潔になる理由として、足から生じた汗が蒸発してこたつ布団の内側に沁み込むことが挙げられます。汗の汚れが雑菌のエサとなり、瞬く間にこたつの内部が雑菌の温床となってしまうのです。布団を巻き上げて風通しを良くすることにより、こたつ内部の湿気を取り除くことができます。雑菌の繁殖に適した湿気が無くなると雑菌はこれ以上増えることはありません。こまめな空気の入れ替えで湿気を追い払い、乾燥した状態を保つのが現実的な対処法と言えます。こたつの中で汗をかかないのが最善の方法なので、足を暖かくする際は素肌をむき出しにしないように注意することが大切です。

タイトルとURLをコピーしました